お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

絵金蔵
闇の中にあってこそ異彩を放つ芝居絵屏風!いざ「闇と絵金」の展示室へ。
幕末の絵師・金蔵、通称「絵金」。江戸で狩野派に学び、21歳で土佐藩家老桐間家の御用絵師となった絵金だが、その後失脚、諸国放浪のすえ、この地にやってきた。酒蔵をアトリエにして絵を描いていた絵金の生涯と、懐かしい風景が残る赤岡周辺をぶらり散策で体感。
極彩色の芝居絵屏風の世界

幕末の天才絵師・金蔵(絵金)の芝居絵屏風はおどろおどろしい独特の世界観。神祭の夜の再現や、蔵の穴からの覗き見スタイルなど、ユニークな展示で紹介。

施設写真 施設写真
<施設詳細・アクセス情報>
電話番号0887-57-7117
住所香南市赤岡町538
営業時間9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日月曜(祝日の場合は翌日)、
年末年始12/29~1/3休
料金大人500円、高校生300円、小中学生150円
駐車場 20台(香南市商工会館駐車場をご利用ください。)
アクセスあかおか駅から徒歩約10分
主な所蔵品絵金の芝居絵屏風23枚 他
※館内の展示解説については、受付でお申し込みください。(平日は要予約)
ホームページhttp://www.ekingura.com/

香南市周辺エリアの詳細情報

山北みかん狩り体験(10月~12月中旬頃) 絵金画房(アトリエ)の蔵跡 高知県立のいち動物公園 新宮馬之助誕生地 安岡家住宅 香南ニラ塩焼そば