お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

仁淀川エリア
ダイナミックな仁淀ブルーを五感で楽しむ!

スノーピークかわの駅おち/仁淀川でカヌー体験

キャンプ用品で有名なスノーピークが運営する「かわの駅おち」は、「買う」、「遊ぶ」、「泊まる」がまるごと揃う仁淀川の観光拠点。広大な敷地内には、物販エリアと宿泊エリアがあり、物販エリアでは仁淀川流域の品や、日本各地で野遊びを楽しむスノーピークがセレクトした食品、キャンプ用品、アパレルの購入が可能。宿泊エリアには世界的建築家、隈研吾氏と共同で開発されたモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」が7棟設置されています。「買う」「泊まる」と続いてオススメしたいのが、お子さまや初心者の方でもバッチリ楽しめる「カヌー体験」!仁淀川の穏やかなエリアで体験できるうえ、ちょっと用意するのが面倒なライフジャケットや、マリンシューズ、ウェットスーツなども全てレンタル可能!当日の持ち込みは水着とタオルだけでOK、経験豊富なプロガイドさんが完全サポートしてくれるので安心です。体験場所の仁淀川は、全国一級河川水質ランキングで連続1位に輝いた「仁淀ブルー」と呼ばれるほどの青さが特徴の奇跡の清流。美しい仁淀川を五感すべてを使って堪能できる水上のアクティビティ。ぜひ一度体験して下さい!

詳細情報→

いの生姜焼き街道/生姜スイーツ

生姜の生産量日本一を誇る高知県の中でも、生姜栽培発祥の地として1世紀以上の歴史も持ついの町。高知県特有の温暖な気候と、ミネラル豊富な赤土、そして清らかな仁淀川の水によって育てられる「いの町の生姜」は、香りと風味が抜群に高く、日本料理に欠かせない食材として、全国の様々な飲食店や専門店に好まれています。そんな「いの町の生姜」を、多くの人々に地元の飲食店で味わってもらおうと始まったのが「いの生姜焼き街道」プロジェクトです。
現在は、町内の飲食店19店舗が参加しており、豚肉や鶏肉を使った各店自慢の生姜焼きや丼物をはじめ、生姜を活かしたカレーやピザ、さらにはスイーツまで、バリエーション豊かな生姜グルメが展開されています。
生姜は馴染み深い食材ですが、そんなイメージを吹き飛ばしてくれるほど斬新なアイデアが活かされたユニークな生姜料理や、地元ならではの味に出会えるのも、いの生姜焼き街道の醍醐味♪生姜を知り尽くした生姜の町が発信する生姜グルメの数々を、ぜひお楽しみください。
また、期間限定のスタンプラリーを毎年開催。いの生姜焼き街道の各店で掲載メニューをお食事いただくと、1店舗につき1個のスタンプをゲット。スタンプ数に応じて、いの町商品券や、全制覇した方にはいの町特産品のプレゼントもあるので、町内を回ってみて下さい!

詳細情報→

酔鯨酒造「土佐蔵」/酒蔵見学

酔鯨こだわりの酒造りを体感できる「土佐蔵」。こちらは“Enjoy SAKE Life”をテーマに掲げる高知の酒造メーカー「酔鯨酒造」が、日本酒の魅力をより多くの人へ発信したいとの思いで立ち上げた酒蔵見学が可能な新工場です。
外観は、一見酒蔵とは思えないほど、近代的でスタイリッシュ。工場内は500円で見学ができ、スタッフさんが心を込めて日本酒の魅力を説明して下さいます。実際の酒造りの工程に沿って、日本酒への理解を深めていくことができ、初めて見る最新の設備や巨大精米機に圧巻されること間違いなし!また、酒造りの期間中(10月〜翌年5月)は実際にお酒に使われる貴重な原料米やお酒になる発酵過程を間近でご紹介。普段見ることができない酒蔵の裏側を知ることができるチャンスです。
STORE内にはオリジナルグッズや、酔鯨の日本酒を原料にしたおつまみなどを販売する新感覚のギャラリースペースが設置され、「純米大吟醸 山田錦50%」や「高育54号」といった酔鯨酒造人気のお酒の試飲も可能。お猪口のプレゼントや、和紙のラベルを貼って持ち帰る「日本酒の瓶詰め体験(要問い合わせ)」などもできるので、お酒好きの方にはたまりません!また、併設された「SAKE LAB CAFE」では、お酒を飲めない方や、お子様でも酔鯨を楽しめ酔鯨オリジナルのノンアルコールスイーツも提供中♪ぜひ、土佐蔵を通じて、土佐の酒文化に触れてみてください!

詳細情報→

周辺のおすすめスポット

スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド

清流仁淀川に面したキャンプ場。広大な敷地内にはオートキャンプサイトが30区画、さらに隈研吾氏がデザインしたモバイルハウス「住箱」が10棟設置されています。キャンプ用品で有名なスノーピークが運営しているので、併設された直営店では、薪や炭等のキャンプ用品を販売しています。各種キャンプ用品の貸し出しも行っているので、初心者の方はもちろん、手ぶらキャンプもOK!さらに、ここではラフティング体験ができることでも人気。コースは初級者向けなので小さなお子様や、初心者の方でも安心・安全に楽しむことができます。

詳細情報→

仁淀アドベンチャー/中津渓谷キャニオニング

大迫力の自然景観が点在する中津渓谷を“天然の遊び場”として、美しい渓流に沿って進んでいく「キャニオニング」。「仁淀アドベンチャー」では、初めての方でも安心・安全に中津渓谷を堪能できるよう、世界で経験を積んできたガイドさんが案内するキャニオニングツアーを実施しています。体験場所の中津渓谷は、渓谷の前半・後半で表情がガラリと変わるのが特徴。そのため最初は穏やかな場所で、水に慣れたりジャンプをしたりして遊びますが、後半になるにつれて周囲の景色も、遊び方もどんどんダイナミックになっていきます! また、一帯を流れる仁淀川では、パックラフトなども体験可能なので、“川遊び”を存分にお楽しみください。

詳細情報→

にこにこ館/仁淀川BBQ

いの町の新たな観光拠点として、令和2年10月に水辺の駅としてリニューアルオープンした「仁淀川 にこにこ館」。木材をふんだんに使用した特徴的な建物の前には清流・仁淀川が流れており、川辺で開放感のあるランチタイムが楽しめます。
手ぶらで楽しめるBBQコースも提供しており、高知県の代表的なブランド牛「土佐あかうし」と地元野菜を気軽に味わうことができると大人気。食材はもちろん、食器セットやタレ、本格的なコンロ、チェア、テーブルまで借りることもできます。日本一とも言われる清流、仁淀川を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかが。

詳細情報→

中津渓谷ゆの森

中津渓谷の切り立った川沿いに佇む「中津渓谷 ゆの森」は、渓流と森林に囲まれたちょっと隠れ家的な温泉宿。お部屋は、落ち着いた和の雰囲気が漂う和室と地元木材の温もり溢れるコテージがあり、お好みで選べます。また、渓流の間近ある露天風呂は景観、泉質ともに評判で、入浴中に聞こえる川のせせらぎが、心身を癒してくれます。日帰り入浴もできるので、渓谷をウォーキングした帰りに立ち寄るのもオススメ!冬季には一帯の渓谷が青くライトアップされる「仁淀ブルーフェスタ」も開催。幻想的な風景は「夜も仁淀ブルーを楽しめる!」と、例年、宿泊客や訪れる観光客を魅了しています。

詳細情報→

横倉山トレッキングツアー

越知町に聳える横倉山は、歴史的な地質資源と1300種以上の植物が息づく神秘の山。「コノドント」という4億年以上前の日本最古の化石が発見されたことで知られ、また、かつては高知県出身の植物学者「牧野富太郎」が研究の場として訪れていたことでも有名です。そんな横倉山をどっぷり楽しめるトレッキングツアーは、どこか別の世界に入ったかのような感覚が味わえる非日常なひととき。道中には神秘的な見所が点在し、牧野富太郎博士によって発見・命名された新種の植物「ヨコグラツクバネ」、「ヨコグラノキ」、「トサジョウロウホトトギス」なども見ることができます。

詳細情報→

安居渓谷/水晶淵

四季折々の樹木や山野草を愛でながら、美しい「仁淀ブルー」が楽しめる「安居渓谷」。透明度が高く流れも緩やかで、くっきりとした仁淀ブルーに出会える「水晶淵」や、間近で水しぶきを感じることができる壮大な滝「飛龍の滝」は、どちらも渓谷に訪れた際には立ち寄って欲しいスポットです。また、紅葉のシーズンには県内屈指の紅葉の名所となり、仁淀ブルーとの見事なコントラストが出迎えてくれます。喧騒から離れた自然いっぱいの渓谷で、ゆったりと静かに仁淀ブルーを楽しんでみたいという方にオススメです!

詳細情報→

中津渓谷

荒々しい岩、うっそうとした木々と中津川の清流が織りなす景勝地「中津渓谷」。
県立自然公園に指定されており、紅葉瀧、雨竜の滝、竜宮渕、石柱など、見どころが遊歩道沿いに点在しています。
なかでも、岩と岩に挟まれた神秘的な空間から流れ落ちる落差20メートルの「雨竜の滝」は必見。
時間帯によっては虹が出ることもあり、その姿はまさに竜の姿だと言われています。
約1.6キロの遊歩道沿いには、七福神の石像が訪れる旅人をお出迎え。全ての七福神を探すのも楽しみの一つです。

詳細情報→

池川茶園

お茶のスイーツを提供する河畔の小さなカフェ「池川茶園」。
江戸時代からお茶をお殿様に献上していたという歴史を持つ仁淀川町は、古来からお茶どころとして知られています。池川茶園は、そんな仁淀川町で茶農家を営んでいる女性陣が立ち上げたお店で、茶葉をふんだんに使用したスイーツの数々が人気です。お店の目の前には小さな茶畑と、美しい清流が広がり、テラス席でいただくスイーツはどれも絶品♪なかでも、看板商品の「茶畑プリン」はかぶせ茶味、ほうじ茶味共にお茶の香りが素晴らしく、地元で採れる蜂蜜を使用したクリーミーでなめらかなゼリーがうまくお茶の香りを閉じ込めています。

詳細情報→

さかわ・酒ぶら上町歩き~筆頭家老の城下町~

酒蔵が立ち並ぶ佐川町の街並みを、地元のガイドさんの案内で歴史と文化に触れながら歩く人気ツアー。その昔、江戸時代有力な商人であった黒金屋の建物は、重要文化財「竹村家住宅」として現存しており、「旧浜口邸」など昔ながらの建築物とともに歴史とロマンを感じさせてくれます。青山文庫や清源寺、牧野富太郎に関する観光スポットなども巡るので、佐川町の歴史文化を知るにはうってつけの観光コースとなっています。また、酒蔵からお酒の香りが漂う中での町歩きはお酒好きにはたまらないひとときになることでしょう。ツアーは全4コースで所要時間は1時間から2時間、予約をお忘れなく。

詳細情報→

観光物産館おち駅

越知町の魅力をギュッと取り揃える「観光物産館おち駅」は、清流仁淀川流域の地元農家が育てた野菜や果物をはじめ、土曜限定「おちかつサンド」や日曜限定「土佐あかうしバーガー」などの限定グルメ、お土産として持ち帰ることのできる加工品など幅広いラインナップが人気の施設です。さらに観光案内所としての役割もあるので、町で人気の観光スポットやアクティビティの情報もバッチリ。また、四国アイランドリーグplusの公式球団である「高知ファイティングドックス」の商品など、ファンの方はぜひチェックをお忘れなく。

詳細情報→

旧浜口邸(さかわ観光協会)

佐川町の酒蔵が並ぶおしゃれな町並みの中にある「旧浜口邸」。江戸中期より佐川町で酒造業を営んでいた浜口家の住宅が平成25年に観光客を迎える施設としてリノベーションされ、施設内にはさかわ観光協会のほか、カフェや休憩スペースが併設されています。こちらのカフェでいただける、地元産の地乳をふんだんに使用したソフトクリームや、100年以上の歴史がある銀座カフェーパウリスタに司牡丹酒造の仕込み水を使用したアイスコーヒー、明郷園のさかわ紅茶「紅(べに)」など、どれも格別の一品。お洒落な古民家で、昔ながらの雰囲気を味わいながら、情緒あふれるひとときをお過ごし下さい。

詳細情報→

日高村オムライス街道

日高村産のトマトを使用したオムライスの数々が楽しめる「日高村オムライス街道」。昼夜の寒暖差が大きい日高村特有の気候を活かして栽培される、甘みの強い高糖度トマトを活かしたユニークで美味しい「村おこし」に、あなたも参加してみませんか?オムライス街道の美味しい約束①「日高村産のトマトを使います」②「できるだけ地場の野菜を使います」③「食べるみんなを笑顔にします」の3つを守り抜く各店舗から、和・洋・中の多彩なオムライスメニューを発信中です。オムライスのスタンプラリーも開催しているので、ぜひ、食べ歩きしながら見所がつまった「日高村」を観光してみてください!

詳細情報→

屋形船仁淀川

水質日本一に輝いた奇跡の清流仁淀川。その仁淀川で唯一の遊覧船が「屋形船仁淀川」です。清流を手の届く距離で楽しむことができる約50分の船旅では、「名越屋(なごや)沈下橋」をはじめ、川面に鏡のように映る山々、空より歓迎してくれるトンビ、眼下を泳ぐ鮎の姿を望むことができます。
また、仁淀川で採れる魚を使った「仁淀川弁当」(要事前予約)も好評で、ぜひ一緒に楽しんで欲しい一品です。仁淀川を屋形船で楽しむのは新鮮な気持ちになり心が洗われます。川、山、空のコントラスト、透明な水、いつもと違う目線で仁淀川をお楽しみください。

詳細情報→

にこ淵

神秘的な青に輝く滝壺「にこ淵」。圧倒的な透明度で、太陽光の差し込みによって宝石のように青く輝く水面は、これぞ“仁淀ブルー”と言える美しさ。秘境のような景観も相まって、仁淀ブルーが楽しめるスポットの中でも高い人気を誇っています。一方、古来より水神の化身とされる大蛇が棲む地としても知られ、地元の方は近寄らない神聖な場所でもあります。そのため、観光の際は入水、飲食、トイレなどは控え、しっかりとマナーを守って景観をお楽しみください。また、道中は急な坂も多く、蛇やハチなどにも注意が必要です。階段等は整備されていますが、体力に自信のない方は十分にお気をつけください。

詳細情報→

いの町 紙の博物館

高知が世界に誇る伝統工芸品「土佐和紙」。その土佐和紙の振興と発展を目的とした施設が「いの町紙の博物館」です。常設展として和紙の歴史やそれを支える文化、和紙の原料や道具を展示しており、企画展では県内外の作家の作品の展示や和紙を使ったワークショップなども開催しています。さらに館内では「手漉き和紙の実演観賞」をはじめ、色紙やハガキサイズの「和紙漉き体験」なども可能なので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。お越しの際は、様々な種類の和紙や和紙商品が並ぶ物販コーナーのチェックもお忘れなく。和紙製造技術の高さが伺える上質な和紙や、お土産や贈り物にぴったりな和紙のアイテムなども販売していますよ。

詳細情報→

ホエールウォッチング/メランジュクルーズ

ホエールウォッチングを高確率で楽しめる高知県。その理由は、本来、黒潮より外に分布していることが多いされるニタリクジラが、なぜか土佐湾に一年中住み着いているからなんです。大きなクジラに遭遇することは稀ですが、出港すれば高い確率でクジラに遭遇することができ、さらにタイミングが良ければ潮を吹くシーンを見ることもできます。また、土佐市宇佐でも、地元の漁師さんのガイドのもと、横浪半島の五色ノ浜の地層群「国の天然記念物横浪メランジュ」を海の上から観察できるクルージングが人気沸騰中。海を知り尽くした漁師さんが、地元ならではのエピソードを交えて、生粋の土佐弁で案内してくれます。

詳細情報→

土佐和紙 紙漉き体験

昔から、いの町では和紙の生産が盛んに行われてきました。とくに「土佐典具帖紙(とさてんぐじょうし)」といわれる和紙は高知が世界に誇る世界一薄くて丈夫な和紙です。そんな紙の町いの町では「土佐和紙紙漉き体験」で、伝統工芸を自ら体験することができます。技術指導員の指導を受けながら、色紙サイズや名刺サイズの和紙を作成でき、原料を溶かした槽(ふね)から、簀桁(すけた)という道具で、紙の原料であるコウゾやミツマタを汲みあげ和紙を漉いていく本格的な体験です。町内のいくつかの施設で紙漉き体験ができ、大人の手助けがあれば5〜6才くらいからのお子様も体験が可能です。お子様連れの方は、ぜひ一緒に挑戦してみて下さい。

詳細情報→

村の駅ひだか

日高村の国道33号線沿いにある「村の駅ひだか」。直売コーナーにはフルーツトマトやミニトマトのほか、トマトの加工品や、地元で取れた新鮮な野菜、お肉、果物、手作りのお惣菜などが所狭しと並びます。
また、施設内には、地元トマトを使用したここでしか食べられないグルメを提供する食堂も設置されているほか、県下に3つしかない国宝の「金銅荘環頭大刀(こんどうそうかんとうたち)」のレプリカも展示公開されているので、訪れた際はぜひこちらもチェックしてみてください。
観光案内所「村の案内所ひだか」が併設されているので、日高村の観光情報はここでゲット! 猿田洞探検、めだか池フットパスなど楽しい観光プランが充実していますよ。

詳細情報→


周遊モデルコース!

【物部川エリア】

ナチュラル&シックな素敵空間。香美市「38 phyto lab.」でクラフト体験

高知県香美(かみ)市の名所といえば、「龍河洞(りゅうがどう)」。 日本三大鍾乳洞として知られ、国... 続きを読む

カラフルなヤシの木がお出迎え!ビーチで楽しむ「海辺のイルミネーション」

高知県香南市にある「ヤ・シィパーク」。 日中は道の駅でのお買い物やマリンアクティビティを楽しむこ... 続きを読む

〜心きらめく、冬のおもいで〜龍河洞ナイトへ!

高知県香美(かみ)市に、すこし変わったお店があるのをご存知でしょうか。 その名も「コンビニエンスお... 続きを読む

花と果物の楽園で季節のフルーツを堪能!「西島園芸団地」

高知でイチゴ狩りといえばここ、「西島園芸団地」! 1年のうちの半年もの間イチゴ狩りを楽しめるとあ... 続きを読む

秋冬も楽しめるマリンアクティビティ!「SUP Café&Sun Set Sailing」でほっこり海上ピクニック

高知が誇る大自然といえば、真っ青で雄大な太平洋。 サーフィンにダイビング、ホエールウォッチング・... 続きを読む

自然と音と温泉と。大人の隠れ家「湖畔遊」で過ごす極上のひととき

中山間地域の豊かな自然が溢れる、物部川(ものべがわ)エリアに位置する香美(かみ)市。 高知市から... 続きを読む

悠久の時が刻まれた洞窟内を探検しよう!「龍河洞」

なにやら香美市で冒険アドベンチャーが楽しめるスポットがある、 との噂を聞きつけ、やってきたのは「... 続きを読む

五感を使ってめいっぱい遊ぼう!「高知県立月見山こどもの森」

フィールドアスレチックが楽しめる公園として人気の「高知県立月見山こどもの森」。実はアスレチック以... 続きを読む

自然&グルメ歴史の魅力満載!1 日レンタサイクルで香南市を丸ごと体感

自然と歴史の魅力に溢れる、香南(こうなん)市。 今回はレンタサイクルを利用し、じっくり香南市を堪能... 続きを読む

恐ろしくて美しい「絵金の世界」へ

幕末土佐で活躍した絵師・金蔵、通称「絵金」。 香南市赤岡町に伝わる絵金の芝居絵屏風を収蔵・展示し... 続きを読む

土佐の戦国武将と高知の歴史や風土に触れる「高知県立歴史民俗資料館」

南国市岡豊山にある「高知県立歴史民俗資料館」。 かつて、四国を代表する戦国武将・長宗我部氏が居城... 続きを読む

約 3 万球の LED がキャンパスを彩る!高知工科大学「KUT⁺illumination`19」

いよいよ冬本番。 高知県香美(かみ)市にある高知工科大学では、大学生が主体となったイルミネーショ... 続きを読む

ガラス工房「透千」でオリジナルグラスを作ってみた!

高知市から車で約20分、お隣の南国市に店を構える「小さなガラス工房 透千」。 吹きガラスや電気... 続きを読む

物部でつくる一生ものの暮らしの道具「base works 高知」

高知県香美市の山間に位置する物部町。 高知市内から約1時間半、レザークラフト体験ができる「b... 続きを読む

いろいろな個性に出会える創造の広場「アクトランド」

無料の遊具や、8つの個性的な展示館が楽しめる「アクトランド」は、地元の方々をはじめ、観光客やコア... 続きを読む

ひっそりと河畔にたたずむ夢の場所。香美市「夢の温泉」

豊かな生態系を育み、古くから高知県の農業を支えてきた、 高知県香美(かみ)市を流れる物部(ものべ)... 続きを読む

動物も人も幸せになれる工夫がいっぱい!「高知県立のいち動物公園」

今回お伺いしたのは、香南市は野市町にある「のいち動物公園」! 案内してくれたのは、総務企画課の酒... 続きを読む
一覧へ
自然・体験プログラムの検索