お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

土佐の清水さば

土佐清水市は、足摺岬で知られる四国西南端の町。近くに全国的にも知られたサバの漁場があり、一年を通じて立縄漁という独特の漁法で一匹ずつ釣り上げによるサバ漁が行われます。
高知県漁業協同組合清水統括支所に水揚げされた脂の乗りのいい高鮮度の「ゴマサバ」を「土佐の清水さば」と認定、ほかのサバと差別化し、ブランド化しました。
「土佐の清水さば」は、瀬付きのゴマサバ(体にゴマを散らしたような斑点があることから「ゴマサバ」と言われる。)です。 足摺を中心とする近海は、潮の流れが速いうえに餌が豊富で、身の締まったうまいサバが育っています。周年漁獲されますが、特に秋から冬にかけて漁獲されるサバはトロのように脂が乗り一層おいしく、刺身として最高です。
漁協では鮮度の高い流通を図るため、漁船で釣り上げた際にサバが傷まないようにたも網ですくい、生け簀に入れ、活きたまま持ち帰り、漁師が駆け足で漁協の水槽に移し(地元では「サバダッシュ」と呼ばれる)活魚としても取り扱っています。

概要

住所 土佐清水市戎町3-1
お問い合わせ 高知県漁協清水統括支所
TEL:0880-82-1221
FAX:0880-82-4558
E-mail:tosashimizu@giga.ocn.ne.jp
ホームページ http://shimizu-saba.com/