お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

安芸・室戸エリア
中芸高知のしたたかな歴史に触れる

魚梁瀬森林鉄道/森林鉄道遺構郡
→日本一の森林鉄道、ゆず

魚梁瀬杉から住民まで運んだ森林鉄道の遺構は国の重要文化財。
その昔林業で栄えた高知県東部の中芸地区5町村。
魚梁瀬森林鉄道は高知県の県木、魚梁瀬杉を搬出するために敷設されました。
森林鉄道の記憶を残す歴史ある遺構。
明治44年の開通時に建造された隧道などが、平成21年2月に経済産業省の近代化産業遺産群に認定され、同年橋梁や隧道など18箇所の貴重な土木建造物が国重要文化財に指定されました。

こちらでは現在、今から半世紀以上前に木材の運搬に使っていた「森林鉄道」の乗車・運転体験もすることができます。春は桜、秋は紅葉の美しい400mのコースを2周します。


〜森林鉄道から日本一のゆずロードへ〜
高知市内から東に約50キロに位置する中芸地域。美しい杉林が広がる林業の栄た地域でした。
ですが時代が変わり、1960年代、天然林が枯渇する中で、中芸の人びとは、林業に代わる新たな産業を探さなければなりませんでした。そんな時に着目をしたのが「ゆず栽培」。
身近にあったゆずの魅力と価値に改めて注目し、それを産業化すべく、りんてつの軌道が敷かれた川沿いにある田畑をゆず畑に変え、木材を運び出していた山間では、山面の限られた土地に石垣を築き段々畑を開きました。昔ながらの有機栽培にこだわりながらも、日本初となる機械式柚子搾汁機の開発やゆず加工商品の開発にも積極的に挑戦していった歴史があります。

こうして産業化が進められた中芸のゆずは、今では作付面積200ヘクタルを越え、日本一の生産量を誇ります。

時代の変化をたくましく生きる人びとの手によって、中芸の風景は「林業」から「ゆず」へと変わり、木材を運んだ「りんてつ」の軌道は、ゆずを運ぶ「ゆずロード」に生まれ変わりました。
中芸一帯を走るゆずロードをぐるりとめぐれば、ゆずの香りと彩りに満ちた景観と、ゆずの風味豊かな食文化を満喫することができます。

詳細情報→

安芸ちりめん丼

ちりめんたっぷりのボリュームちりめん丼
【ちりめん丼】とは、高知県安芸市の特産の一つであるちりめんじゃこを使ったどんぶりのことです。
炊きたてのご飯の上に載るのは、カタクチイワシなどのイワシ類の稚魚であるシラス(高知ではドロメとも呼ばれる)を丁寧に釜揚げしたちりめんじゃこ、ここに大根おろし、大葉、海苔、ゴマなどの薬味を加え、ゆずの香りの効いたタレをかけて食べる。安芸地域では多彩なちりめん丼があり、その中の一つである【かき揚げちりめん丼】はちりめん丼の上にちりめんじゃこと山菜のかき揚げが載った非常にボリュームのあるちりめん丼です。

★安芸市のちりめん
釜あげちりめんの材料となる「ドロメ」。カタクチイワシなどイワシ類の稚魚のことを土佐弁で「ドロメ」と言います。全国的にはシラスなどと呼ばれています。
このドロメは餌となる植物性プランクトンを求め、沿岸部に集まるため漁場は驚くほど岸近く。漁は3隻が1組になって行います。2隻でバッチ網と呼ばれる網を引き、1隻が獲れたドロメを岸まで運びます。
水揚げされたドロメからは手際よくドロメ以外の小魚やイカなどを取り除かれ、手早く市場で競りにかけられます。
加工場に運び込まれたドロメは、丁寧に洗浄し砂や海草などをきれいに落とした後、釜あげに加工をされます。
釜あげは温度、塩分、茹で時間と細かい所まで気を配られ、加工の工程を進みます。茹で上がったちりめんは風で水気と熱気を取り、仕上がります。
釜あげされたちりめんじゃこは浜辺にある干し場で太陽の下で干されます。太陽の光を受けることで、おいしさが増していくため、その日の天気や気温・干し時間を見極めるなど、安芸市のちりめんは手間隙かけて作られています。

詳細情報→

安芸観光情報センター ~彌太郎こころざし社中~ →岩崎弥太郎

三菱グループ創業者と言えば「岩崎彌太郎」。
明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物です。
岩崎彌太郎出身地・安芸市ならではの工夫や岩崎彌太郎の「志」を感じることができる展示を「安芸観光情報センター」では行っております。
三菱創業150周年を契機にリニューアルされたこの施設では、岩崎彌太郎の知られざるエピソードや、実業家「岩崎彌太郎」の成功哲学を学んでみませんか?
幅13.3メートル、高さ2.7メートルの巨大スクリーンを使った臨場感たっぷりのVR映像をはじめ、タッチパネル「コンパス」で彌太郎や観光などに関する情報を収集できるコーナーが設置され、岩崎彌太郎の激動の時代を生きた岩崎彌太郎の生涯、「志」と「歴史」をじっくりと学ぶことが出来ます。

また、安芸観光情報センターでは高知県東部の魅力も発信しています。
お土産物の柚子製品や地酒、芋けんぴなどの特産品を多数取り扱う、「特産品販売コーナー」もあり、学ぶだけではなくお買い物も楽しむことが出来ます。
高知県東部の観光情報発信基地としてセンターでは観光パンフレットも充実している他、最新のイベント情報やおすすめスポットなどのご案内も行っています。
自然豊かな安芸市をのんびりと散策されたい方にはオススメの「自転車の無料レンタル」もありますよ。
伊尾木洞体験プログラムの受付もこちらで行っております。
安芸市に来られた際にはぜひ、安芸観光情報センターにお立ち寄りください♪

詳細情報→

周辺のおすすめスポット

中岡慎太郎館

「人こそ国の宝」という信念を貫いた志士、中岡慎太郎。
中岡慎太郎は天保9年(1838)、現在の安芸郡北川村に大庄屋の息子として誕生しました。
高知県北川村にゆかりのある慎太郎の、徳川幕府に代わる新しい国づくりに奔走する軌跡を展示しています。
1階の展示は史実に基づいて年代ごとに時系列で展開。
非業の死を遂げた中岡慎太郎の生涯を様々な逸話や映像で紹介。
2階では中岡慎太郎や交流のあった幕末の志士たちの資料を中心に、刀剣や書物が展示されています。
ゆずの生産に歴史のある北川村、その栽培を推励したのが中岡慎太郎と言われています。
坂本龍馬とともに維新回天の立役者となった中岡慎太郎の日本を変えた生きざまや当時の歴史文化にふれることのできる資料館です。

詳細情報→

岡御殿/殿様体験

県有形文化財「岡御殿」。 土佐藩主が参勤交代や東部巡視の際に本陣として使用しました。田野の豪商・岡家の屋敷であり、参勤交代の際にお殿様が立ち寄り小休憩・宿泊した場所でもあります。敷地内には、御殿・茶の間・土蔵・御成門などの建物が保存復元され、藩政末期の岡御殿の雰囲気を伝えています。

【殿様体験】 岡御殿ではお殿様・お姫様の衣装の着付け体験も行っております!
清岡道之助の陣羽織も大人気!歴史感じる日本家屋と着物で当時にタイムスリップ♪ 大人用衣装と子供用衣装があるので親子で楽しめます!

詳細情報→

馬路温泉

安田川沿いにある癒しの温泉旅館『馬路温泉』。
ゆずの里として有名な馬路村、人口僅か940人という小さな村ながら地元で加工した柚子製品を全国に届けています。その馬路村にある唯一の宿が【馬路温泉】です。目の前には清流安田川が流れ、川の音と緑の景色の自然を存分に感じることができる「美肌の湯」の温泉です。自慢の料理は安田川で取れた新鮮なアメゴや特産の柚子、地元産の野菜などを使ったボリューム満点の料理、また大好評の馬路温泉前駅弁当は馬路村が詰まったお弁当です。
温泉の大きな窓からは清流安田川や馬路の山々が眺められ、お湯に浸かりながら季節の景観を楽しむことができます。施設内の売店では有名な柚子ポン酢やごっくん馬路村が販売されておりお土産にも最適です。

詳細情報→

安芸市立歴史民俗資料館

土佐藩家老五藤家や安芸市の偉人たちを知るなら【安芸市立歴史民俗資料館】へ!
安芸市立歴史民俗博物館は昭和60年安芸城跡に建設されました。
館内には安芸市内から発見された考古資料や古文書などがあり、三菱グループの礎を築いた岩崎彌太郎や「浜千鳥」など数々の童謡を作曲した弘田龍太郎など、安芸市出身の偉人たちを紹介しています。
また、土佐藩家老であった五藤家に伝わる数々の美術工芸品、古文書、さらには武具や甲冑などもあり当時の世界を感じることができる施設です。
隣接している書道美術館は昭和57年に開館し、全国初の公立書道美術館として知られています。
また、施設の外には四季折々の植物があり、春は梅と桜、夏は蓮の花などが施設を彩ます。四季を楽しみながら歴史に触れてみませんか?

詳細情報→

じねん丼

山芋親子のじねん丼
高知県安芸郡安田町では特産の自然薯(山芋)が多く取れます。この自然薯を使った人気のメニューが【じねん丼】です。
じねん丼とは特産の粘りの強い自然薯のすりおろしがむかごと共に親子丼の上に乗っています。
非常に粘りが強く味も濃厚な高知の自然薯。
この地域に来られた際には是非一度食べていただきたい逸品です!
他にも、安田川で獲れた鮎を使った鮎寿司や、柚子の香る田舎寿司など、ふるさとの料理をいただくことが出来ます。
また、地元で取れた名産品を使った意外な組み合わせのアイスも人気商品!
自然薯や鮎、酒粕、栗など、気になるフレーバーばかりです♪
他にも、地元で取れた新鮮な野菜や果物を販売しており、地元の美味しいものが詰まった場所となっています。
安田町に来られた際にはぜひお立ち寄りください♪

詳細情報→

内原野陶芸館

焼物の里「内原野陶芸館」。
高知県東部にある安芸市。そこに、文政12年(1829年)からの歴史を持つ内原野焼があります。
【内原野陶芸館】では、子供からお年寄りまで幅広く体験できる陶芸教室を始め、陶芸を思い思い楽しむことができます。
子供からお年寄りまで幅広く体験できる陶芸教室を始め、バーナーワーク・サンドブラストによるオリジナルなガラス製品を作ることができる【内原野ガラス工房】も人気です。販売コーナーでは生活に彩りを加える陶器のお皿やコップ、ガラスでできた美しいアクセサリーも販売しており、各職人さんによる作品を手軽に購入することもできます。
また、完全オーダーの製品作りを含めお客様の幅広いご要望にお応えしております。
陶器・ガラス製品の製作のことならお気軽にお問合せください。

詳細情報→

道の駅田野駅屋

四国一小さな町の四国一元気な道の駅
鉄道「ごめん・なはり線」田野駅と一体となった道の駅「田野駅屋」は、地元の産品が集まる直販コーナーや軽食コーナーを併設し、小さな田野町のすべてがぎゅっと詰まった施設です。
位置的にも高知県東部のほぼ中心となる当施設の情報発信コーナーでは、様々な「生」の情報が入手できます。

軽食コーナーのカツオ節と昆布、ジャコ、自家製の出汁でつくるうどん、そばのスープは絶品!
また、軽食コーナーでは店内で買ったお惣菜などの飲食も可能です。
田野中学校が生産したお茶のアイス、田野屋塩二郎の天日塩を使った塩アイスなども人気の商品♪
田野町の元気が集まる「道の駅田野駅屋」にぜひお立ち寄りください!


詳細情報→

琴ヶ浜かっぱ市

芸西村が詰まった市場 「琴ケ浜かっぱ市」
芸西村の海産物や新鮮な野菜が集まる【琴ヶ浜かっぱ市】国道55号線にあるこの市場は休日になると県内外から地元の食材を目当てに人が集まります。
まず驚くのが新鮮な野菜はもちろんですが、豊富な海産物の量です。太平洋に面した芸西村ならではのお魚が、近くにある手結港などから上がり、新鮮な状態で店先に並びます。
また、花卉園芸も盛んで、花弁が青い星の形をしている世界一に輝いた花「ブルースター」、「トルコギキョウ」、「ダリア」、「スターチス」「ゆり」等々など綺麗な花がたくさん並び、販売されています!芸西村に来られた際には彩豊かな「琴ケ浜かっぱ市」にぜひお立ち寄りください♪

詳細情報→


周遊モデルコース!

【四万十・足摺エリア】

「集落活動センター であいの里蜷川」で田舎寿司づくり体験♪

平成11年に廃校となった「旧蜷川(みながわ)小学校」を活用し、様々な体験教室や宿泊の受け入れなど... 続きを読む

四万十・足摺エリアの魅力を一気に堪能! 観光周遊バス「しまんと・あしずり号」でゆく、雄大な絶景と歴史の旅

『四万十川も行きたいし、足摺岬も見てみたい。どうせなら、ぐるっと四万十・足摺エリアの良い所を見て回... 続きを読む

【リニューアルしてイメージがガラリと変わったとウワサの博物館へ潜入!】

2月1日に資料館から博物館へリニューアルしたばかりの「四万十市郷土博物館」へやってきました! 出... 続きを読む

大方ホエールウォッチング

暖流・黒潮が育む恵み豊かな土佐湾では、ニタリクジラが1年を通して暮らしています。ここでホエールウ... 続きを読む

四万十川の駅カヌー館下の四万十ひろばに、PICAプロデュースのオートキャンプ場がオープン!

関東で人気のキャンプ場を多く手掛けるPICAリゾート(https://www.pica-reso... 続きを読む

削って楽しい♪食べて美味しい♪「たけまさ商店」伝統の宗田節納屋体験!

日本の食文化に欠かすことのできない「かつお節」。 なかでも、旨味の強い出汁が取れる宗田節について... 続きを読む

日本トップクラスのさんごで作る「さんごアクセサリー手作り体験」

お天気に左右されずに楽しめる体験があると聞きつけて宿毛市にやってきました。 ウワサの体験を宿毛市... 続きを読む

【映画のロケ地になった漁師町で出会う、とっておきの郷土料理体験】

宿毛市は小筑紫町にやって来ました! レトロな雰囲気が漂うこちらの漁協一帯は、映画のセットになって... 続きを読む

三原村の古木めぐり&旬の食材たっぷりランチdeパワーチャージ♪

高知県西部に位置し、美味しいお米と’’どぶろく’’で有名な三原村。 ここで全国的にも珍しい古木を... 続きを読む

なんで?どうして!?足摺七不思議ガイドツアー!

四国最南端に位置する足摺岬。 高さおよそ80mの断崖には黒潮が打ち寄せ、青い海、青い空に白亜の灯台... 続きを読む

歴史的建造物×イルミネーションのコラボ!宿毛市「林邸」を訪ねて。

高知県西部に位置する、宿毛(すくも)市。 幕末~明治期以降、多くの偉人を輩出した街でもあります。... 続きを読む

宿毛ゆかりの21人の足跡を辿る「宿毛歴史館」

高知県の西南部に位置する宿毛市は、政治・産業・文化など、幕末から明治にかけて活躍した人材を数多く... 続きを読む

土佐清水が生んだ幕末偉人の志に触れよう「ジョン万次郎資料館」

あしずり港に建つジョン万次郎資料館は、2018年4月にリニューアル。 「ようこそ、ジョン万次郎資... 続きを読む

「海辺のガラス工房 kiroroan」でとんぼ玉づくりに挑戦♪

美しい入野海岸の近くに佇む「海辺のガラス工房 kiroroan」。こちらでは、吹きガラス体験やと... 続きを読む

黒潮流れる大海原で迫力の漁師体験!「あしずり漁業体験くらぶ」

朝5時半に土佐清水漁港で待ち合わせしたのは、 あしずり漁業体験くらぶ代表の竹本承市さん。 「集... 続きを読む

グラスボートで海中散歩♪ 「たつくし海中観光」

船底にガラスが張られ、服を着たままで海の中を鑑賞できるグラスボート。 カラフルな魚たちやサンゴに... 続きを読む

一心不乱に鉄を打つ。四万十川の畔で鍛冶屋体験

四万十の森に囲まれた山間、四万十川の畔に佇む「鍛冶工房くろがね」。 約1000年の歴史を持つ日本古... 続きを読む

「西本渡船」船主と行く、竜串船釣り体験

初心者でも気軽に船釣り体験ができ、 ひょっとしたらタイやブリなども釣り上げられるかも!? そんな... 続きを読む

「かわらっこ」のカヌーツーリングでのんびり川くだりを楽しむ

日本最後の清流・四万十川でカヌーが楽しめる「かわらっこ」。 敷地内には、トイレ、シャワー、炊事棟... 続きを読む

日本屈指のミステリー&パワースポット「唐人駄場遺跡」

今回唐人駄場遺跡を案内してくれるのは、 土佐清水市観光ボランティア会副会長の南野敏男さん。 南野... 続きを読む

砂浜美術館

砂浜が約4kmも続く美しい入野海岸そのものを、まるごと美術館に見立てた「砂浜美術館」。常設作品は... 続きを読む

船が浮かぶ町・大月町でイルミネーションの海を散歩♪

船が浮かんでいるように見えるほど透明な海、柏島ブルーが話題の大月町。 絶景を望む大堂山展望台や... 続きを読む

浴衣&着物で土佐の小京都をぶらり「KIMONOLOILOI」

土佐の小京都、四万十市中村のお町を浴衣&着物で散策することのできる「KIMONOLOILOI」さ... 続きを読む
一覧へ
自然・体験プログラムの検索