お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

安芸・室戸エリア編 安芸・室戸エリア編 安芸・室戸エリア編 安芸・室戸エリア編

安芸市が生んだ偉人や人々の暮らしを学ぼう!「安芸市立歴史民俗資料館」



土居廓中の安芸城跡にある、書道美術館と併設された歴史民俗資料館。
ここには土佐藩家老だった「五藤家」に伝わる古文書約25,000点、
書籍約5,000冊、美術工芸品約1,000点の合計約31,000点が収蔵されています。



今回案内してくれたのは、安芸市立歴史民俗資料館のオープン翌年から
ずっと勤務されている学芸員の門田さん。(なんと勤続30年!!)

まず始めにお話を伺ったのは、
五藤家が土佐藩家老になったきっかけとなる家宝の鏃について。



門田さん
「この鏃は実際に山内一豊の顔に刺さったものなんです。それを五藤為浄が抜き取り、
その武功を重んじて家老に抜擢されたといわれ、五藤家の家宝として代々大切に保管されてきたものです。」

そんなものが残っているなんて… と驚きを隠せません。
現代では考えられない「戦」があった時代の歴史を語り継ぐ品物として大変貴重です。



奥に進むと安芸市で生まれた数々の偉人たちの紹介コーナーが現れました。



安芸で生まれた大正・昭和時代の作曲家「弘田龍太郎」についての資料が展示されています。

門田さん
「安芸市は童謡の里として、市内10カ所に
 弘田龍太郎さんのさまざまな曲碑を置いてるんです。」

この他にも翻訳小説や大衆文芸の普及につとめた反骨のジャーナリスト黒岩涙香や、安芸市が生んだメルボルンオリンピック銀メダリストの石本隆ゆかりの品なども多数収蔵。



さらに奥に進むと安芸市と言えば忘れることのできない人物、
三菱財閥の基礎を築いた岩崎彌太郎にまつわるコーナーが登場。
本人直筆の書や、母・美和のへそくりつぼなども展示されています。







五藤家コーナーでは代々受け継がれてきた美術工芸品や古文書を中心に展示しており、武家の暮らしを感じることができるその内容は、季節に応じて変わっているといいます。



江戸時代の重箱から今でいう当時のポスターやチラシなど、
一般の人々の暮らしにまつわるものも展示されています。

門田さん
「いま私たちが普通に見ている新聞の折り込みチラシも、何年、何十年、
何百年と時間が経てば当時の暮らしを伝える歴史資料になります。」

そのため、歴史民俗資料館では日を決めて折り込みチラシの保存もしているとのこと。
これから先、普通に目にしていたチラシが歴史的にめずらしいものになっていくと考えるとおもしろいですよね。





歴史・民俗コーナーでは安芸市から出土した考古資料や古文書、
民具などで安芸の歴史を辿っています。





昭和30~40年代のくらしをテーマにした、人々の暮らしを再現したコーナーもあり、ちゃぶ台にレトロなインテリア、今ではなかなか見かけることのできない古い家電など、当時の生活をそのまま感じることのできる展示になっています。



その横には戦時下の暮らしとして、
戦地へ出征する兵士に贈られた日章旗への寄せ書きや



兵士の生還を願って女性が一人一針ずつ縫って結び目を作っていった
「千人針」など、戦後70年が過ぎ、次第に薄れていく戦争の体験と記憶を次の世代に伝えるための展示もされています。

安芸の歴史や安芸ゆかりの人物、そして土佐藩家老であった五藤家に伝わる武具や美術品などを中心に知ることができる(衣・食・住)の武家の暮らしなど、現代に繋がる大切な歴史を知る旅、ぜひ出かけてみてください。



問い合わせ

安芸市立歴史民俗資料館

住所/高知県安芸市土居953番地イ
電話番号/0887−34−3706
営業時間/9:00~17:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館)12月29日~1月3日
料金/大人300円、中・高生100円、小学生50円
※20名以上の場合、団体割引有り

※掲載されている情報は2019年1月現在のものです。



周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【安芸・室戸エリア】

「内原野陶芸館」で自分だけの作品を作ろう!

安芸駅から車で10分のところにある「内原野陶芸館」。 二百余年の歴史と文化を誇る焼き物の里「内... 続きを読む

幽玄な光に浮かび上がる水の庭「光のフェスタin モネの庭 2019」

いよいよ冬も本番。 寒い寒い冬をカラフルに彩るイルミネーションを、県内各地で目にするようになって... 続きを読む

室戸岬沖で新種発見!?西日本唯一の深海生物漁業体験でアレを食べる

地球のダイナミックな営みを感じる地層や、特有の生態系を有する室戸市。 近海に深海の世界が広がってい... 続きを読む

「キラメッセ室戸 鯨館」でクジラと室戸の歴史・文化を学ぼう!

室戸市は日本列島に沿って回遊するクジラの通り道だったことから、日本有数の捕鯨の町として知られてき... 続きを読む

名物ガイドさんがご案内♪「芸西村あるき」で新発見連発!

高知県東部に位置する芸西(げいせい)村。 ナス・ピーマン・お花などの栽培が盛んな園芸王国として知... 続きを読む

「田野町天日塩製塩体験施設」で塩づくりの奥深さを学ぶ

海の水を原料に、太陽と風の力だけで塩をつくる完全天日塩。 海のすぐそばにあるこの施設では、塩がで... 続きを読む

高知の東のはしっこで夏をエンジョイ!四国最大級の海上アスレチック「BEACH HOPPING」登場

高知県の最東端、東洋町。 徳島県との県境にある海の町です。 日本有数のサーフスポットでもあり、... 続きを読む

廃校を明るく再生!室戸の新スポット「むろと廃校水族館」

水族館×廃校という異色の組み合わせが人気を博し、2018年4月のオープンから約半年間で、来館者数... 続きを読む

花と緑とフルーツに囲まれて。安芸市の癒しスポット「メリーガーデン」で味わう南国気分

高知県東部に位置する安芸(あき)市。 今回は、市内にある園芸店「メリーガーデン」に行ってきました... 続きを読む

匠の技が息づく古民家を訪ねて。「なはり町あるき」で出会ったまぶしい笑顔♪

高知県東部に位置する奈半利(なはり)町。 今回は、町内に現存する国登録有形文化財の古民家をめぐる... 続きを読む

クロード・モネが愛した庭 『北川村「モネの庭」マルモッタン』

フランスの画家、クロード・モネが愛した、フランス・ジヴェルニーの庭をモデルにした北川村「モネの庭... 続きを読む

有形文化財「岡御殿」で江戸時代の暮らしに触れる

今回訪れたのは、江戸時代に栄えた豪商・岡家のお屋敷、岡御殿。 岡家は馬路村の魚梁瀬杉を中心とする... 続きを読む

「室戸ユネスコ世界ジオパーク」をサイクリングで巡ろう!

ダイナミックな地球の営みを体感できる、室戸ユネスコ世界ジオパーク。 その魅力を発信している「室戸... 続きを読む

室戸の歴史や地質を楽しく学ぼう!「室戸世界ジオパークセンター」

室戸市は、大地の誕生を物語る地質遺産をはじめ、 多様な生態系や美しい自然景観、歴史や文化など、 ... 続きを読む

大正時代の旧邸で知られざる偉人と出会う「安田まちなみ交流館・和」

今回訪れたのは国の登録有形文化財に登録されている「安田まちなみ交流館・和」。 安田町は坂本龍馬の... 続きを読む

昭和30年代の機関車を再現「魚梁瀬森林鉄道」

今回訪れたのは、全国の森林鉄道で唯一国の重要文化財に指定されている「魚梁瀬森林鉄道」。 その歴史... 続きを読む

貴重な史料と映像で慎太郎の生涯を紐解く「中岡慎太郎館」

今回訪れたのは、北川村柏木にある中岡慎太郎館。 初めて訪れた人は、「こんな山奥にこんな博物館が!... 続きを読む

トレーナー気分でイルカと触れ合える「室戸ドルフィンセンター」!

高知県内で唯一イルカと触れ合える「室戸ドルフィンセンター」。 室戸岬を望む敷地内に造られた陸上プ... 続きを読む

300万年の歴史が物語る神秘の洞窟「伊尾木洞」

安芸市を国道55号線沿いに東へ進み、市街地をはずれたところの道沿いにある伊尾木洞。 まずはこの看... 続きを読む

樹齢300年の魚梁瀬杉を使用した「曲げわっぱ作り体験」に挑戦!

全国屈指の降水量を誇る馬路村。 豊富な雨量と温暖な気候の中では、良質な杉がよく育つそう。 今回は... 続きを読む