お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編

「自由民権記念館」で土佐ならではの歯ごたえある展示に出会う



案内してくれたのは館長の筒井さんと民権・文化財課主査の白川さん。

筒井さん「自由とか権利っていうのは新しい考えだった。そういう新しい言葉が土佐から湧き上がってきたことは龍馬に次いで土佐が自慢できることだよね」

19世紀中盤、世界中で革命や戦争が起こる中、日本でも自由を求める風が広がりました。



白川さん「自由は土佐の山間より発したり、という植木枝盛の言葉ですが、土佐から自由への考えを盛り立てていこう、という言葉ですね」

そういえば、中央公園内で格言が刻まれた石碑を見たことがあります!
その近くに立志社があったことから置かれているものだそう。



筒井さん「「高知大丸」がある場所分かるでしょ?あそこに立志社があってね。「てんこす」の前、少し土地が盛り上がってるでしょ。使者屋橋って橋が埋まっとる」
かるぽーとのあたりまで、堀になっていたらしい。



九反田のあたりには立志学舎という教育機関も開かれました。

筒井さん「慶應義塾から先生を呼んで教育をしたっちゅうこっちゃ。ここに書かれてる坂本南海男いうんは坂本龍馬の甥にあたる男。姉の息子やね」

南海男さん、成績優秀だった様子。
館内には立志学舎の試験問題が置いてあるため、ぜひチャレンジしてもらいたい。



結構難しいですよ・・・?

筒井さん「自由民権運動が盛んになると『自由』という言葉が流行してね、女性が使う化粧品の名前になったり、メンコに『板垣』『自由』なんて書いたものが出てきたりした」

2度もお札になったすごい人、板垣退助。
演説中に暴漢に襲われたことは有名だが、未遂だったことをご存知でしょうか。
板垣退助を刺した短刀も収蔵されています。



自由民権の高まりは平民へまで広く広まっていたそうです。
こちらは彫刻家の浜田浩造さんによるもの。
お笑いタレント・劇団ひとりさんのご親戚なんだとか!

筒井さん「梼原の維新の門なんかもこの方が作られてましてね。旗は現物が残ってます。ここにあるのはレプリカですが」



西南戦争が終結した頃には土佐では日本最初の女性参政権が誕生しています。
のちに民権ばあさんと呼ばれる楠瀬喜多が「税金を納めているのに女だから選挙権がないのはおかしい」と県に回答を要求したことがキッカケでした。


当時女性参政権が認められていたのは世界でもごくわずか。
高知の上町町会と隣村の小高坂村会で女性参政権が誕生しました。

「新聞という新しいメディアにメッセージが載ったことが大きかったんだろう。坂本龍馬たちは脱藩して隠密に行動をしていたから、それとはまた違った動きでね」と筒井さん。



白川さん「掲げられている絵は新聞に載った絵ですが、後ろには国会議事堂、自由民権という旗を持って光が出ている、希望を持ったイラストです」

当時の土佐からは日本憲法の見込案、東洋大日本国々憲案と2つの憲法案も作成されています。
民権に関わることのほか、当時の土佐を知る展示も。



民芸品や写真、イラスト、地図も解説を受けながらだと楽しいですね!

筒井さん「紙の資料ばかりだから面白みに欠けるでしょう。でも、市の施設であるからには『ならでは』のものじゃなかったら税金かけてやる必要あるか?」



郷土情報室には多数の郷土資料や郷土出版物が揃えられていました。
社会科自由研究作品展なども行われているが、研究目的での利用にはまた違った専門資料も置かれているそうです。

筒井さん「自由民権って聞くと、ちょっとむつかしいかもしれない。けれども、今の日本人の目の前には無数の情報が溢れてるわけや。柔らかいことばかりでは弱くなる。必ずしも砂糖まぶしたようなケーキみたいなもんだけじゃないよう、歯ごたえあるものをだしたいなと。素材を活かしたまま、美味しい物を出したいと、そういう気持ちで展示してる」

どう展示していくか、ということには答えがありません。
内容が難しいことだから、一度ではかみ砕けなくてもいいんです。
よさこい節に乗せた民権歌謡を聞きながら、自由民権の歴史を体感してみてはいかがでしょう。



問い合わせ

高知市立自由民権記念館
住所/高知県高知市桟橋通4−14−3
電話番号/088−831−3336
観覧時間/9:30〜17:00
休館/月曜日、祝日の翌日 ※祝日が月曜日と重なる場合にはその翌日
   年末年始(12月27日〜1月4日)
料金/一般320円(18歳以上)
   ※団体20人以上1人につき250円
   ※65歳以上の方、並びに療育手帳、身体障害者手帳及び精神障害者保健福祉手帳所持者と
    その介護者1人については無料

※掲載されている情報は2019年1月現在のものです。



周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【高知市エリア】

はりまや橋から 20 分で大海原へ!龍馬ゆかりの地を巡る「浦戸湾のんびりクルーズ」

今回は、お手軽に太平洋を楽しむことができると噂の「浦戸湾のんびりクルーズ」を体験してきました! ... 続きを読む

「岡崎牧場ディアランドファーム」で絶品牧場スイーツを堪能!

高知市内に牧場があるのをご存知でしたか? 万々商店街を円行寺方面へ抜け、北へ約5分。緑の看板に導... 続きを読む

高知といえばよさこい!「高知よさこい情報交流館」の楽しみ方

高知といえば、鰹のタタキに豊かな自然、そして 暑い夏をさらに熱く盛り上げる「よさこい祭り」!... 続きを読む

高知城

江戸時代から400年余り、そのままの姿を現代に残す高知城。 本丸の建造物がほぼ完全な状態で残って... 続きを読む

「龍馬の生まれたまち記念館」で龍馬とつながろう

今回訪れたのは、高知市上町、城西館の裏手に位置する「龍馬の生まれたまち記念館」。 案内してくださ... 続きを読む

「高知県立美術館」は過ごしやすい開かれた場所だった!

県立美術館通り電停から橋を渡ると、重厚感のあるグレーが特徴的な建物が見えてきました! こちらは「... 続きを読む

地元密着型!愛され続ける「桂浜水族館」のヒミツ

一癖も二癖もある水族館として、今や全国に名の知れた桂浜水族館。 「I LOVEえさ」のマスコット... 続きを読む

2020年春・運行開始!「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の未来予想図

まずはこちらの映像をご覧ください。 <iframe width="100%" height="3... 続きを読む

文学者と出会える場所「高知県立文学館」

高知城の横にある、石積みの建物。 「高知県立文学館」です。 文学館、と聞いて、皆さんはどんなもの... 続きを読む