お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編

「高知県立美術館」は過ごしやすい開かれた場所だった!



県立美術館通り電停から橋を渡ると、重厚感のあるグレーが特徴的な建物が見えてきました!
こちらは「高知県立美術館」。

土佐漆喰で塗られた建物は、なんだか格式高い雰囲気を感じます・・・

なんとなく「美術は難しいもの」なんてイメージを抱いていて、
足を踏み入れにくい・・・なんて思っている方も少ないくないとは思いますが、ご安心を!
「高知県立美術館」は、老若男女に開かれた美術館なんです。

今回は実際に館内を巡って、その魅力や、楽しみ方をご紹介します♪



ご案内いただいたのは高知県立美術館学芸員の長山さん。
実はこの写真、すでに作品が写っています・・・どれだかわかりますか?

答えは、長山さんが座っている椅子。
「地座(CHI-ZA)」という作品で、20パーツに分けて廊下に並べられています。
触ったり座ったりできるんですよ♪



「どうしてもハードルが高いイメージを持たれてしまいがちですが、
 本当はもっと気軽に来ていただきたい場所なんです」

暑い日も寒い日も、美術品のために一定の温度に保たれた館内は
小さなお子さん連れやご高齢の方でも過ごしやすくなっているだけでなく、
高校生以下や長寿手帳保持者は無料!

さらに、車椅子やベビーカーでも動きやすいバリアフリー、
授乳室や休憩室も完備されている、皆さんに優しい場所なんですよ♪


お子様連れの皆さんは、
企画展やホールイベント開催時には、ぜひ無料託児サービスをご活用ください!



1階と2階に備えられた休憩室はなぜか青一色。これもまた芸術・・・?



主な収蔵作品は、マルク・シャガールの版画や油彩画、石元泰博の写真プリント作品、郷土関係作家作品など41,799点。(2018年4月時点)

「立体物の作品もあるので、今、収蔵庫に何点あるか・・・。ありがたいことに、収蔵作品がどんどん増えてしまっているんですよね(笑)」



どうやって収蔵庫に入れたらいいか分からないような大きな作品もあります・・・

ちなみにこちらはフェルナンド・ボテロ氏の「鏡をもつ女」。
実は高知県立美術館の購入作品第1号なんです!



美術館ホールにかけられた作品は、
美術館2階の小窓をフレームにして眺めるとまた違った雰囲気に・・・
表に出ている作品はごくわずかで、常設展示も入れ替えを行っているそうです。



触って楽しめる絵巻物のタッチパネルを発見!

「お子さんが見つけるとずーっとこれやって遊んでますよ。長い絵巻物は展示に苦労するので、スクロールして説明まで見られるのはいいですよね」



長山さんは、廊下から眺める川面の風景を見て一息つく瞬間に幸せを感じるそう。
時々、魚がぴょこんと顔を出すことも。

「美術品のことが分からなければ、ギャラリートークもありますし、学芸員に聞いていただいてもかまいません。なにもせずに廊下でぼんやり座っていても、いいんです」



ゆとりのある心を作ることこそが芸術なのかもしれません。
世界に誇れる美術館が高知にあることが実感できてなんだか嬉しくなりました♪

こちらの「高知県立美術館」は2019年4月〜12月まで改修工事のため休館するそう。
2020年1月にリニューアルオープン予定なので、リニューアル前後の違いを楽しんでみるのもまた面白そうですね!



問い合わせ

高知県立美術館

住所/高知県高知市高須353−2
電話番号/088−866−8000
開館時間/9:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日/年末年始(12月27日〜1月1日)
観覧料/【コレクション展】一般360円(団体280円)/大学生250円(団体200円)
    【企画展】展覧会ごとに異なります
     ※年間観覧券(2580円)の所持者無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳保持者とその介護者(1名)は無料
※高知県及び高知市長寿手帳保持者は無料
※団体割引適応は20名以上

※掲載されている情報は2019年1月現在のものです。



周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【高知市エリア】

文学者と出会える場所「高知県立文学館」

高知城の横にある、石積みの建物。 「高知県立文学館」です。 文学館、と聞いて、皆さんはどんなもの... 続きを読む

高知城

江戸時代から400年余り、そのままの姿を現代に残す高知城。 本丸の建造物がほぼ完全な状態で残って... 続きを読む

「自由民権記念館」で土佐ならではの歯ごたえある展示に出会う

案内してくれたのは館長の筒井さんと民権・文化財課主査の白川さん。 筒井さん「自由とか権利ってい... 続きを読む

「龍馬の生まれたまち記念館」で龍馬とつながろう

今回訪れたのは、高知市上町、城西館の裏手に位置する「龍馬の生まれたまち記念館」。 案内してくださ... 続きを読む

2020年春・運行開始!「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の未来予想図

まずはこちらの映像をご覧ください。 <iframe width="100%" height="3... 続きを読む

はりまや橋から 20 分で大海原へ!龍馬ゆかりの地を巡る「浦戸湾のんびりクルーズ」

今回は、お手軽に太平洋を楽しむことができると噂の「浦戸湾のんびりクルーズ」を体験してきました! ... 続きを読む

「岡崎牧場ディアランドファーム」で絶品牧場スイーツを堪能!

高知市内に牧場があるのをご存知でしたか? 万々商店街を円行寺方面へ抜け、北へ約5分。緑の看板に導... 続きを読む

地元密着型!愛され続ける「桂浜水族館」のヒミツ

一癖も二癖もある水族館として、今や全国に名の知れた桂浜水族館。 「I LOVEえさ」のマスコット... 続きを読む

高知といえばよさこい!「高知よさこい情報交流館」の楽しみ方

高知といえば、鰹のタタキに豊かな自然、そして 暑い夏をさらに熱く盛り上げる「よさこい祭り」!... 続きを読む