お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

四万十・足摺エリア編 四万十・足摺エリア編 四万十・足摺エリア編 四万十・足摺エリア編

日本屈指のミステリー&パワースポット「唐人駄場遺跡」


今回唐人駄場遺跡を案内してくれるのは、
土佐清水市観光ボランティア会副会長の南野敏男さん。
南野さんと待ち合わせしたのは、唐人駄場遺跡の駐車場です。


駐車場の向かいには牧場があり、
ポニーや土佐赤牛の草を食む姿が見え、いたってのどか。

「今日はいい天気でよかったですね~」
同ボランティア会の黄色のスタッフジャンパーと帽子がお似合いの南野さん。

「唐人駄場はイギリスのストーンヘンジにも負けない遺跡ですよ!」と胸を張り、
「まずは唐人駄場園地へ向かいましょう」

唐人駄場園地は駐車場から南へ歩いてすぐです。

「駄場とは平らで広い土地という意味。
紀元前5000年頃から弥生時代にかけての
石器や土器片がここからたくさん出土しました。」

周囲を見渡せば芝生広場を取り囲むように置かれた石を発見!


「かつてここの中心部にも巨石が並ぶ
立派なストーンサークルがあったようです。日本の数ある巨石群のなかでも
その規模から『日本のストーンヘンジ』と呼ばれます」

広場から山の方へと目を向けると、濃い緑の中にそそり立つ巨石群が見えました。

「あれが唐人駄場の巨石群です。あちらにも行ってみましょう。」

歩くこと約5分。「唐人石(巨石群)」と書かれた案内板が巨石群への入り口です。

うっそうと茂る照葉樹林の森の中には散策路が整備され、
順路を示す看板もあるので「迷うことはないでしょう」と南野さん。

木漏れ日が射す心地よい森の中を少し登った先に突如巨石群が迫るように現れました。

「これは唐人岩です。海を渡ってくる人たちの目印になったようです。
唐人とは異人、光り輝く神の居場所という意味があります。
花崗岩の中に含まれる石英が反射するようです」

なぜこの森の中に、このような巨石群が存在するのか、自然現象か人工物か謎は多いです。
「周囲に人が住んでいたのは事実。
古代の人はこの巨石群に不思議なパワーを感じ取っていたようです。」
そんなことから最近ではこの巨石群がパワースポットとして注目されています。

その後順路に沿って歩くことしばし。岩を登っていくと空に突き出た巨石が出現。
「これが亀石。亀が首を上げたように見えると言われています」

さらに登っていくと、視界が一気に広がりました!

「ここが千畳敷石。私が子供の頃はここから九州も見えましたよ」
案内板によると古代に巫女たちが神楽を舞った伝説から「神楽石」とも言われるそう。

「でも実際それを見た人はいませんけどね(笑)。
私はこのスペースでイベントをやりたいんですよ」

千畳敷岩から周囲を見渡せば、
空と海の青、そして森の緑の美しいコントラストに思わず息を飲みます。
さらに南に広がる森の中に唐人駄場園地がぽっかり浮かび上がるように見えました。

「さあ次の岩へ行きましょう!」
南野さんの先導のもと、さらに森の中を進みます。

自然による浸食とは思えないほど、鋭く切れた「鬼の包丁石」をはじめ、
組成が異なる二つの岩が並ぶ「祭壇石」など、不思議な形や伝説が残る岩が次々と現れます。

「昔の人は現代人に比べはるかに想像力が豊かだったようですね。
さあ、ここが最大のパワースポットと言われる『再生のエリア』です」


父親、母親、子供が並んだように見えることから、
子宝や子供の健やかな成長を願った場所とも言われる巨石群です。

「この場所で凄いパワーを感じる人も多いようですよ」。
深い森の中に身を寄せ合うようにして並ぶ巨石群に対峙すると、
その迫力に圧倒され、様々な想像をかき立てられることは事実。

「私は鈍感なのであまり感じないのですが・・・」と笑う南野さん。
「とはいえ日本各地に巨石群はありますが、これほど神秘的な場所はないですよ」

ユーモアを交えて唐人駄場遺跡を案内してくれた南野さん。
地元ガイドさんと共に歩くことで、
時にガイドブックに載せられないような地元ウラ話も聞けて楽かったです。

より深く、そして違った角度で唐人駄場遺跡を楽しめるのが
このガイドツアーの魅力ですね♪



問い合わせ

土佐清水市観光協会

住所/高知県土佐清水市養老303
電話番号/0880ー82-3155
ガイド料/一組10名まで1000円〜、一組10名以上2000円〜(ガイド2名)


※掲載されている情報は2019年1月現在のものです。



周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【四万十・足摺エリア】

大方ホエールウォッチング

暖流・黒潮が育む恵み豊かな土佐湾では、ニタリクジラが1年を通して暮らしています。ここでホエールウォ... 続きを読む

「かわらっこ」のカヌーツーリングでのんびり川くだりを楽しむ

日本最後の清流・四万十川でカヌーが楽しめる「かわらっこ」。 敷地内には、トイレ、シャワー、炊事棟な... 続きを読む

「西本渡船」船主と行く、竜串船釣り体験

初心者でも気軽に船釣り体験ができ、 ひょっとしたらタイやブリなども釣り上げられるかも!? そんな期... 続きを読む

浴衣&着物で土佐の小京都をぶらり「KIMONOLOILOI」

土佐の小京都、四万十市中村のお町を浴衣&着物で散策することのできる「KIMONOLOILOI」さん... 続きを読む

日本トップクラスのさんごで作る「さんごアクセサリー手作り体験」

お天気に左右されずに楽しめる体験があると聞きつけて宿毛市にやってきました。 ウワサの体験を宿毛市観... 続きを読む

土佐清水が生んだ幕末偉人の志に触れよう「ジョン万次郎資料館」

あしずり港に建つジョン万次郎資料館は、2018年4月にリニューアル。 「ようこそ、ジョン万次郎資料... 続きを読む

グラスボートで海中散歩♪ 「たつくし海中観光」

船底にガラスが張られ、服を着たままで海の中を鑑賞できるグラスボート。 カラフルな魚たちやサンゴにも... 続きを読む

黒潮流れる大海原で迫力の漁師体験!「あしずり漁業体験くらぶ」

朝5時半に土佐清水漁港で待ち合わせしたのは、 あしずり漁業体験くらぶ代表の竹本承市さん。 「集合... 続きを読む

砂浜美術館

砂浜が約4kmも続く美しい入野海岸そのものを、まるごと美術館に見立てた「砂浜美術館」。常設作品は、... 続きを読む

【映画のロケ地になった漁師町で出会う、とっておきの郷土料理体験】

宿毛市は小筑紫町にやって来ました! レトロな雰囲気が漂うこちらの漁協一帯は、映画のセットになってい... 続きを読む

「海辺のガラス工房 kiroroan」でとんぼ玉づくりに挑戦♪

美しい入野海岸の近くに佇む「海辺のガラス工房 kiroroan」。こちらでは、吹きガラス体験やとん... 続きを読む

削って楽しい♪食べて美味しい♪「たけまさ商店」伝統の宗田節納屋体験!

日本の食文化に欠かすことのできない「かつお節」。 なかでも、旨味の強い出汁が取れる宗田節について知... 続きを読む

【リニューアルしてイメージがガラリと変わったとウワサの博物館へ潜入!】

2月1日に資料館から博物館へリニューアルしたばかりの「四万十市郷土博物館」へやってきました! 出来... 続きを読む

宿毛ゆかりの21人の足跡を辿る「宿毛歴史館」

高知県の西南部に位置する宿毛市は、政治・産業・文化など、幕末から明治にかけて活躍した人材を数多く輩... 続きを読む

「集落活動センター であいの里蜷川」で田舎寿司づくり体験♪

平成11年に廃校となった「旧蜷川(にながわ)小学校」を活用し、様々な体験教室や宿泊の受け入れなどを... 続きを読む