お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編

安心・安全・地産地消の循環型マーケット「池公園の土曜市 高知オーガニックマーケット」

毎週土曜日に、高知市にある県立池公園で開催されている「池公園の土曜市 高知オーガニックマーケット」。



有機農法によって栽培された野菜や果物、添加物を加えず手作業で作られた加工食品、手作りの工芸品のお店が出店しています。
日本初のオーガニックマーケットとして、2008年にスタートしました。



高知オーガニックマーケットの最大の魅力は、作り手の方々とコミュニケーションをとりながら、安心・安全な商品を購入できること!

野菜や果物を販売している農家のみなさんのお話を伺っていると、農作物への愛情がひしひしと伝わってきます♡



どのお店の農作物もワイルドな生命力にあふれていて、高知県の食の豊かさを再確認。





購入した野菜を家で調理してみると、味の濃さにびっくり。
シンプルな味付けで、野菜の持つ甘みや旨みを味わう調理法が特におすすめです。

今が旬、高知特産の文旦も販売されていました。



高知県内で唯一、有機JAS認定を受けている農家さんだそう。
文旦をはじめ、丹精込めて作られたピッカピカの柑橘類に目を奪われました。



こちらは中土佐町の干物屋さん。



地元で水揚げされた新鮮な魚介を、添加物を使用せず干物にしています。



シンプル・丁寧に作られた干物は、朝ごはんや晩酌のお供にぴったり。

手作りの味噌や漬物をはじめ、お餅やパンなど加工品も販売されています。





食物アレルギーなどがある場合でも、作り手の方から原材料について詳しく聞けるので、自分にとって安心できるものを選べるのが嬉しいポイントです。

そして、オーガニックマーケットの魅力は食べ物だけにあらず。





石鹸やシアバターオイルなど、お肌に嬉しいあれこれも。
服屋さんに書店、木工家具のお店もあり、一通りの暮らしの品々はオーガニックマーケットで揃ってしまいそう!
どのお店も魅力的な商品がたくさんで、気づけば爆買いしていました(笑)。
お昼頃までに生鮮食品などはほとんど売り切れてしまうので、お買い物は午前中がおすすめです。



もちろん、マイバッグはお忘れなく♪

そろそろお腹がすいてきたので、青空の下ランチタイムを♪



たこやきやお弁当など、豊富なラインナップの出店。
1人で行くと食べたいものがありすぎて、正直かなり迷います。



ヴィーガン・グルテンフリー対応のメニューがあるのも嬉しいですね!

ランチのあとはコーヒーとスイーツでほっこり。







ぽかぽかとした日差しの中、おいしくて体にやさしいランチとデザートで、至福のひとときを過ごすことができました。

オーガニックマーケットでは、定期的にイベントが行われています。
今回は2月いっぱい開催中の「節分祭」にあわせたプログラムが実施されていました。
高知県産の商品を対象としたスタンプラリーに



こちらは参加者が持ち寄った在来種・固定種の野菜の種の交換会「たねころ」。



「たねころ」は作物から取った種の交換の場を作ることで、貴重な在来種・固定種の保存や作物の種に興味を持ってもらい、次につなげていくことを目的とした「たねころがしの会」の略称。



普段何気なく買ったり食べている野菜ですが、種に触れる機会は今までそんなになかったかも…。
作物の種を通して、参加者の方々の間にあらたな交流が生まれている様子がとても印象的でした。

節分祭にちなみ、マーケットの中央に手作りで設置されたステージでは、「大豆」についてのトークショーが行われていました。



安心安全な食、失われつつある農家の伝統、そしてこれからの未来について。



実際に栽培されている大豆や、大豆から作られた味噌を試食しながら、高知の食を支える方々のお話を聞く、貴重な機会。
今回のようなイベント月間には、週替わりでトークショーやワークショップを開催しているそう。

気持ちがいいお天気の中、出店者の方々と会話しながらショッピングやランチをたのしめるオーガニックマーケット。



高知駅やはりまや橋など、高知市中心部から行く際には、県立牧野植物園や桂浜にも行ける「MY遊バス」を利用するのがおすすめ。



1日何度でも乗り降り自由でお得に利用することができ、県内の観光施設で使える特典もついています!

ぜひ、遊びに行ってみてくださいね!




◆池公園の土曜市 高知オーガニックマーケット
毎週土曜日 午前8時~午後2時頃 ※ 荒天中止
高知県高知市池2335 高知県立池公園
HP/http://kochiom.web.fc2.com/

インスタグラム/https://www.instagram.com/kochi_organic_market/

フェイスブック/https://www.facebook.com/kochiorganicmarket/

ツイッター/https://mobile.twitter.com/kochiorganicmkt/

問合せ/088-840-6260(オーガニックマーケット事務局)

※掲載されている情報は2021年2月現在のものです。

体験プログラムの

予約はこちら▶▶


周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【高知市エリア】

人と海が育てるジュエリー! 「日本サンゴセンター 宝石珊瑚資料館 『 35 の杜 』」 で 宝石珊瑚 の秘密に迫る

桂浜や坂本龍馬記念館からほど近い「日本サンゴセンター 宝石珊瑚資料館『 35 の杜 』」。 高知県... 続きを読む

「高知県立美術館」は過ごしやすい開かれた場所だった!

県立美術館通り電停から橋を渡ると、重厚感のあるグレーが特徴的な建物が見えてきました! こちらは「... 続きを読む

高知といえばよさこい!「高知よさこい情報交流館」の楽しみ方

高知といえば、鰹のタタキに豊かな自然、そして 暑い夏をさらに熱く盛り上げる「よさこい祭り」!... 続きを読む

「お城の輝きを思いのままに…♡ ピアノバーから高知城を照らすプレミアムな体験」

400余年都市の中心に位置し、高知市のシンボルとして市民に愛されている「高知城」。 国内に残る... 続きを読む

高知城

江戸時代から400年余り、そのままの姿を現代に残す高知城。 本丸の建造物がほぼ完全な状態で残って... 続きを読む

「岡崎牧場ディアランドファーム」で絶品牧場スイーツを堪能!

高知市内に牧場があるのをご存知でしたか? 万々商店街を円行寺方面へ抜け、北へ約5分。緑の看板に導... 続きを読む

冒険気分でのびのび遊ぼう!子ども達の天国「わんぱーくこうち」

高知市にある「わんぱーくこうち」をご存知でしょうか? 1993年に開園し、敷地内に動物園・遊園... 続きを読む

「自由民権記念館」で土佐ならではの歯ごたえある展示に出会う

案内してくれたのは館長の筒井さんと民権・文化財課主査の白川さん。 筒井さん「自由とか権利ってい... 続きを読む

レンタルキャンピングカーで快適&アクティブな旅を!高知市「東北自動車」

海へ!山へ!川へ! 自然体験スポットへ出かける際、目的地までの「移動」もたのしみのひとつ。 今... 続きを読む

今年も鷹城が光り輝く!「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」

高知市中心部にそびえたつ、高知城。 グレーの瓦屋根の色合いから、「鷹城(たかじょう)」とも呼ばれ... 続きを読む

文学者と出会える場所「高知県立文学館」

高知城の横にある、石積みの建物。 「高知県立文学館」です。 文学館、と聞いて、皆さんはどんなもの... 続きを読む

地元密着型!愛され続ける「桂浜水族館」のヒミツ

一癖も二癖もある水族館として、今や全国に名の知れた桂浜水族館。 「I LOVEえさ」のマスコット... 続きを読む

月に一度のおたのしみ!食の宝庫「高知市卸売市場」の開放デイへ

高知市弘化台にある「高知市卸売市場」。 高知県の食品流通の中心地であるこちらで、毎月第一土曜... 続きを読む

2020年春・運行開始!「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の未来予想図

まずはこちらの映像をご覧ください。 <iframe width="100%" height="3... 続きを読む

土佐屈指の古刹で自然と、歴史と、人の心に触れよう

高知市・五台山に建つ竹林(ちくりん)寺。 四国八十八ヶ所霊場のひとつであり、約 1300 年の歴... 続きを読む

未来を夢みて歴史を走る土佐の列車旅。時代の夜明けのものがたり

旅の移動そのものを優雅に楽しむ観光列車。 JR四国が運行し、高い人気を誇る「伊予灘ものがたり」「... 続きを読む

はりまや橋から 20 分で大海原へ!龍馬ゆかりの地を巡る「浦戸湾のんびりクルーズ」

今回は、お手軽に太平洋を楽しむことができると噂の「浦戸湾のんびりクルーズ」を体験してきました! ... 続きを読む

かつての廃校を、新たなカルチャーの発信地に。高知市「コレンス」

高知市のはりまや橋からほど近い菜園場商店街。 商店街の奥に、レトロな佇まいの建物があるのをご存知... 続きを読む

「龍馬の生まれたまち記念館」で龍馬とつながろう

今回訪れたのは、高知市上町、城西館の裏手に位置する「龍馬の生まれたまち記念館」。 案内してくださ... 続きを読む