お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

仁淀川エリア編 仁淀川エリア編 仁淀川エリア編 仁淀川エリア編

ゆるっとぐるっと土佐市でお遍路ガイドツアー

四国八十八か所の第35番札所「清龍寺(きよたきじ)」と第36番札所「青龍寺(しょうりゅうじ)」のある土佐市。
今回は、2つの札所を結ぶ「遍路道」のガイドツアーを体験してきました!
「遍路道」とは、お遍路さんが札所から札所へ移動する際に使う道のこと。
道路が舗装されるはるか昔から使われていました。
今回のガイドツアーで歩くのは「土佐遍路道 青龍寺道」。
歴史的に貴重な史跡が残されていることから、2016年10月に「国の史跡」に認定されました
道として「国の史跡」に認定されているのは、県内でここだけ。
「塚地坂」という山道を越える、1.6キロのルートです。

まずは土佐市中心部のドラゴン広場に集合し、車で出発地点「塚地休憩所」に移動します。



場所がわかる場合は、直接「塚地休憩所」に向かってもOK!
大きな木々に囲まれて、なんだかすでに神聖な雰囲気です。
いよいよ、ガイドツアーがスタート!



山道の入り口では、杖を借りられます。
こちらは地元の方が手作りで建てられたそう。



山道に入って5分も歩けば、この風景。



植林された針葉樹が涼しい木陰をつくり、空気がピンと引き締まるようです。
白っぽい幹が特徴的なこちらは「ネズミモチ」の樹。



実は「女貞子(じょていし)」という漢方薬に使われ、アンチエイジングの効果もあるとか。
この木にちなみ、ガイドの休憩時には「女貞子」を使った薬膳茶がふるまわれます。

頂上に向かって、急な坂道を進みます。



苔に覆われていたり、でこぼこになっているところがあるため、歩きやすい靴で行くのがおすすめです!

道中には、歩き遍路の方々が残されていった金属製の札がいたるところに。



こちらの札に書かれている「鯖大師」は、弘法大師空海が残した逸話にちなんだもの。



気になる方は、ガイドさんに尋ねてみてくださいね!

坂を上っていくと、周りの木々はいつの間にか針葉樹林から竹林へ。



秋になると地面に落ちた竹の葉がふわふわで、歩くととても気持ちがいいのだとか。

ふと、足元に目を向けると膝くらいの高さの石碑が。
「手やり石」と呼ばれるお遍路さんへの道しるべで、青龍寺道でもっとも古いものは嘉永元年(1848)に建立されたもの。



手形が浮き彫りになっているものが一般的ですが、彫り込まれているタイプはとても珍しいそう。



そのほかにも、木の実やキノコなど、道中には非日常のワクワクする発見がたくさん。





なんと、小さな蛇にも遭遇しました!
カメラを向ける前に逃げられてしまい、残念・・・。

さて、ガイドスタートから約40分。
だんだんと前方が明るくなってきました。
どうやら頂上が近づいてきたようです。



鬱蒼と茂った木々を抜けると・・・



目の前に広がる空と海!
この日は良く晴れていて、遠くの水平線までくっきりと見渡すことができました。



春先には満開のツツジも楽しめるそう。
地元の方による手づくりのベンチが設置されていて、ゆっくり休むことができます。



また、ガイドツアーではお茶とお菓子の「お接待」が。
「お接待」とは地元の人がお遍路さんに食べ物などを振舞う四国に根付いた文化。
ガイドツアーで振舞われるのは、地元の和菓子屋さん「北代菓子店」の「真珠もなか」。



かつて土佐湾で真珠の養殖が盛んだったことから、この名前が付きました。
たくさん歩いた体に、和菓子の柔らかい甘みが沁みます・・・。

のんびり休憩したあとは、原生林の道を通って下山します。



歩いていると小川のせせらぎが。



涼しげな音に、心が癒されました。

帰り道の見どころは、なんといっても県内でも3例しか発見されていない「磨崖仏(まがいぶつ)」。
巨岩に文字や仏さまの絵が彫られており、古いものは江戸時代までさかのぼるそう。



全国的にもめずらしい「へたうま」なタッチが特徴的です。
長年風雨にさらされ一目ではわかりにくので、ガイドさんの解説が必須です!



そうそう、ガイドツアーに申し込んだ方には、非売品の「磨崖仏ピンバッジ」がもらえますよ♪
せっかくなので、本物の磨崖仏を背景にパチリ。

ゆっくり遍路道を散策して、ゴール地点に辿り着くまで約2時間。



先人たちによって守られてきた豊かな自然と歴史を感じるツアーでした。





今回ご紹介したガイドツアーの予約は、土佐市観光協会まで。
この自然体験キャンペーンのサイトから申し込みができるほか、電話でも予約ができます。
コース内容によって所要時間が異なるので、ご予定にあわせてお申し込みください。
特設サイトからの予約はこちらから↓
https://kochi-experience.jp/search.html?&plan_ota=ja&plan_id=l00002A9B1
https://kochi-experience.jp/search.html?&plan_ota=ja&plan_id=l00002A9B3



また、土佐市観光の際には観光案内所を利用するのがおすすめ!
親切なスタッフさんが、土佐市の見どころを教えてくれます。
11月からは、土佐市のおいしいグルメを満喫できるキャンペーンも始まるそう。



ガイドツアーやキャンペーンについては、土佐市観光協会のホームページをご覧ください!
高知市からもほど近く、アクセス抜群な土佐市は、気軽なお出かけにぴったり。
ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

一般社団法人土佐市観光協会
住所/高知県土佐市高岡町甲1892-7
電話/088-881-3359
HP/https://tosacity-kankou.com/

※掲載されている情報は2020年10月現在のものです。



周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【仁淀川エリア】

高知の自然がぎゅっと詰まった出来たてクラフトビール!仁淀川町「BLUE BREW」が新オープン

奇跡の清流「仁淀川」の上流域に位置し、面積の約9割を山地が占める仁淀川町。 2020年11月、自然... 続きを読む

伝統の土佐手漉き和紙の真髄に触れる「いの町紙の博物館」

やってきたのは、「いの町紙の博物館」。 とびっきりの笑顔で出迎えてくれたのは、館長の浜田美穂さん... 続きを読む

陶芸の楽しさと奥深さを感じるひととき「もりたうつわ製作所」

手に取ればころんと丸みがあり、柔らかく温かみがある「もりたうつわ製作所」の器。 興味を持った人が... 続きを読む

「集落活動センターたいこ岩」で自家製石窯を使ったピザ焼き体験♪

今回担当してくれたのは、笑顔のステキな栗田さんと澤村さん。 二人とも普段は尾川地区の集落支援員と... 続きを読む

光のロードが町を彩る!越知町「ロマンティックイルミネーション冬物語」

高知県越知(おち)町では、11 月 17 日から「ロマンティックイルミネーション冬物語」がスタート... 続きを読む

「横倉山自然の森博物館」で知る、歴史とロマンを秘めた神秘の山・横倉山

日本最古の化石産地である横倉山を通じて、地球のおいたちや 牧野富太郎博士が愛しためずらしい植物、... 続きを読む

イ草クラフト体験で本物のイ草を知ろう「じゃぱかる」

かつて、高知県内の至るところにあった「イ草農家」。 全盛期には2500軒以上の農家さんがイ草の生... 続きを読む

おいしい土佐茶を召し上がれ!日高村で「ほうじ茶 焙煎とMY茶缶作り体験」

高知市から車で40分ほどの日高村。 清流・仁淀川でのアクティビティやおいしいフルーツトマトの産地と... 続きを読む

大自然溢れる「グリーンパークほどの」でバームクーヘンを作ろう!

いの町のお山の中にある「グリーンパークほどの」 ファミリー向けのイベントやキャンドルと音楽と食の... 続きを読む

夜の仁淀ブルーが楽しめるのは今だけ!「中津渓谷仁淀ブルーフェスタ」

高知県を代表する清流、仁淀(によど)川。 上流域では、目の覚めるようなエメラルドブルーの川面が見ら... 続きを読む

「佐川町立 青山文庫」で幕末コレクションに想いを馳せる

かつて城下町として栄えた風情ある町並みを残す佐川町の上町地区界隈に、坂本龍馬や中岡慎太郎らととも... 続きを読む

「ふれあいの里 柳野」で絶品柳野そばを作ろう!

吾北むささび温泉より国道439を仁淀川町方面へ車で約12分の柳野地区。 今回は、こちらにある「ふ... 続きを読む

アウトドアをもっともっと気軽に!「スノーピークかわの駅おち」オープン

高知市から車で約 1 時間。 高知県越知(おち)町では、水質日本一の清流「仁淀川」をはじめ、四季... 続きを読む

天然石に想いを込めて、「珊瑚工房花虫八放」で腕数珠作り体験

宇佐大橋を横波スカイラインに向けて車を走らせること約1km レストラン酔竜の建物の中にある宝石珊... 続きを読む

仁淀ブルー満喫♪「茶農家の店あすなろ」&「中津渓谷」で朝からパワーチャージ!

沢渡(さわたり)茶をご存知でしょうか? 高知県は仁淀川(によどがわ)町の沢渡地区で栽培されている... 続きを読む

四国初のスノーピークキャンプ場「スノーピークおち仁淀川」

水質日本一の清流「仁淀川」が中央を流れる高知県越知町。 その仁淀川に面したフィールドにオートキャ... 続きを読む

歴史とお酒と文化が息づく町・佐川を巡ろう!「さかわ・酒ぶら町歩き」

こちらはガイドツアー出発前に立ち寄るか寄らないかで ツアーの楽しさが変わる重要な場所「地場産セン... 続きを読む