お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

仁淀川エリア編 仁淀川エリア編 仁淀川エリア編 仁淀川エリア編

おいしい土佐茶を召し上がれ!日高村で「ほうじ茶 焙煎とMY茶缶作り体験」

高知市から車で40分ほどの日高村。
清流・仁淀川でのアクティビティやおいしいフルーツトマトの産地として知られています。
市街地を抜けて北へ、ぐねぐねと曲がる山道を上っていくと突如現れるのは一面の茶畑!



高知のお茶は「土佐茶」と呼ばれ、苦味が少なく、香り豊かでコクがあるのが特徴。
今回は日高村で「土佐茶」を生産・加工している「霧山茶園」さんにお邪魔します!



出迎えてくださったのは、体験部門担当の中山さん。



霧山のお茶の特徴をたずねると、
「仁淀川をはじめとする豊かな自然と日当たりの良い立地がもたらした、力強い風味です!」
と答えてくださいました。

お茶は古くから日本で親しまれている文化のひとつ。
しかし、『茶葉からお茶を淹れる』家庭が年々少なくなっており、お茶に親しむ機会はどんどん減っているそう。
「もっとお茶のことを知ってもらい、土佐茶の、そして霧山のお茶のファンを増やしたい!」
そんな熱い思いから、霧山のお茶を使った学びと体験のプログラムがスタートしています。
今回は、数あるプログラムのひとつ「茶缶作り&ほうじ茶焙煎」を実際に体験させていただきました!
まずは、茶葉を保存する「茶缶」作りからスタート。



色とりどりの和柄の紙から好きなものを選び、茶缶に貼り付けます。



のり付けが終わると、日向に置いてよく乾かします。
窓辺に並んでいる様子がなんだかかわいくて、思わずパチリ。

のりが乾くのを待つ間、ほうじ茶を焙煎していきます。
ほうじ茶に使われるのは茶葉の茎の部分。



焙烙(ほうろく)と呼ばれる素焼きの焙煎鍋に茶葉を入れ、火にかけていきます。
最初は、焙烙をコンロに乗せるだけ。
熱で茶葉がぴくっと動いたら、かき混ぜ開始の合図です!



かき混ぜ始めると、瞬く間ににお茶の良い匂いが部屋中に…!
焦げ付かないように容器を振り、まんべんなく熱を通していくのがポイントです。
こんがりと色が変わってきたら、焙煎終了のサイン。



焙烙の持ち手は空洞になっているため、全体を傾けて茶葉を取り出します。



左が焙煎する前、右が焙煎した後。
どちらも同じ量ですが、焙煎後は熱で茎がふっくらと膨らんでいることがわかります。
焙煎の度合いによって風味が変わってくるのもおもしろいところ。
しっかり焙煎した「深煎り」はお茶の渋みが出にくいため、熱湯で淹れることができます。
熱を通したことでカフェインが昇華されて少なくなるので、寝る前や妊娠中の方も安心。
また、「浅煎り」はほんのりと残る煎茶の渋みが大人の味わいで、お茶好きの方におすすめなのだとか。

「火から下ろすタイミングを見極めるのが難しそう・・・」
と心配な方もご安心を!中山さんがやさしく的確に教えてくれます!

最後に、缶に入りきらなかった茶葉を入れるためのパッケージを作ります。
手書きの商品名やイラストとともに、マスキングテープやシールをペタペタ・・・



今回はリョーマの休日~自然&体験キャンペーン~の公式キャッチフレーズ「あなたの、新休日。」にちなみ、「高知の茶曜日パッケージ」を作ってみました!



余った茶葉を入れて・・・



完成!

所要時間は全部で2時間半ほど。
2名から10名まで体験することができ、5名以上の予約で団体割引もあるそうです。
インターネットもしくは電話で2日前までにご予約ください。
(インターネットでのご予約はこちら。体験料金は材料費込みの価格です)
https://kochi-experience.jp/search.html?&ota=&plan_ota=ja&plan_id=l000028840

体験後は、香ばしいお茶の香りが漂う室内で自分で焙煎したほうじ茶を試飲したり、近くの茶畑を散策したり。
ゆったりとした時間が流れます。



また、施設内では霧山茶園の商品の販売も。
これからの季節にぴったりの番茶やほうじ茶、夏に大人気の水出し用ティーバッグなど、
季節にあわせて年間約40種類もの商品が販売されているそう。
お気に入りを見つけてみてくださいね。

さらに、霧山茶園のお茶は県内の飲食店で、お茶スイーツの材料としても使用されています。



10月からは、同じ日高村内にあるゲストハウスとカフェの複合施設「eat & stay とまとと」さんで、
ほうじ茶を使ったドリンクとケーキの提供がスタート。



今回伺った際にはまだ提供が始まっておらず、試作品のパウンドケーキの画像を見せて頂いたのですが・・・



(試作品のため、提供の際の見た目が変更となる可能性があります)
うーん!とってもおいしそう!
霧山茶園の香り高いほうじ茶の風味を生かすために、何度も試行錯誤を重ねてぴったりの配合を導き出したそうです。
これは食べにいかねば!!



霧山茶園で、「土佐茶」の魅力を存分に学び体験するひととき。
お茶の香りに包まれて、癒されながら楽しく「自分だけのお茶」を作ることができました。
今回紹介したプログラム以外にも、時間や予算にあわせて様々な体験メニューがあるそうです。
ぜひ、電話で問い合わせてみてくださいね。




ほうじ茶焙煎体験&自分だけのMY茶缶作り体験♪
問合せ/農事組合法人 霧山茶業組合
住所/高知県高岡郡日高村柱谷382-23
電話/0889-24-4615
HP/https://www.kiricha.com/

eat & stay とまとと
住所/高知県高岡郡日高村下分1889番1
電話/0889-39-2000
HP/https://tomatoto.jp/

※掲載されている情報は2020年10月現在のものです。

体験プログラムの

予約はこちら▶▶


周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【仁淀川エリア】

イ草クラフト体験で本物のイ草を知ろう「じゃぱかる」

かつて、高知県内の至るところにあった「イ草農家」。 全盛期には2500軒以上の農家さんがイ草の生... 続きを読む

「ふれあいの里 柳野」で絶品柳野そばを作ろう!

吾北むささび温泉より国道439を仁淀川町方面へ車で約12分の柳野地区。 今回は、こちらにある「ふ... 続きを読む

天然石に想いを込めて、「珊瑚工房花虫八放」で腕数珠作り体験

宇佐大橋を横波スカイラインに向けて車を走らせること約1km レストラン酔竜の建物の中にある宝石珊... 続きを読む

「集落活動センターたいこ岩」で自家製石窯を使ったピザ焼き体験♪

今回担当してくれたのは、笑顔のステキな栗田さんと澤村さん。 二人とも普段は尾川地区の集落支援員と... 続きを読む

陶芸の楽しさと奥深さを感じるひととき「もりたうつわ製作所」

手に取ればころんと丸みがあり、柔らかく温かみがある「もりたうつわ製作所」の器。 興味を持った人が... 続きを読む

夜の仁淀ブルーが楽しめるのは今だけ!「中津渓谷仁淀ブルーフェスタ」

高知県を代表する清流、仁淀(によど)川。 上流域では、目の覚めるようなエメラルドブルーの川面が見ら... 続きを読む

四国初のスノーピークキャンプ場「スノーピークおち仁淀川」

水質日本一の清流「仁淀川」が中央を流れる高知県越知町。 その仁淀川に面したフィールドにオートキャ... 続きを読む

「横倉山自然の森博物館」で知る、歴史とロマンを秘めた神秘の山・横倉山

日本最古の化石産地である横倉山を通じて、地球のおいたちや 牧野富太郎博士が愛しためずらしい植物、... 続きを読む

歴史とお酒と文化が息づく町・佐川を巡ろう!「さかわ・酒ぶら町歩き」

こちらはガイドツアー出発前に立ち寄るか寄らないかで ツアーの楽しさが変わる重要な場所「地場産セン... 続きを読む

アウトドアをもっともっと気軽に!「スノーピークかわの駅おち」オープン

高知市から車で約 1 時間。 高知県越知(おち)町では、水質日本一の清流「仁淀川」をはじめ、四季... 続きを読む

光のロードが町を彩る!越知町「ロマンティックイルミネーション冬物語」

高知県越知(おち)町では、11 月 17 日から「ロマンティックイルミネーション冬物語」がスタート... 続きを読む

大自然溢れる「グリーンパークほどの」でバームクーヘンを作ろう!

いの町のお山の中にある「グリーンパークほどの」 ファミリー向けのイベントやキャンドルと音楽と食の... 続きを読む

「佐川町立 青山文庫」で幕末コレクションに想いを馳せる

かつて城下町として栄えた風情ある町並みを残す佐川町の上町地区界隈に、坂本龍馬や中岡慎太郎らととも... 続きを読む

伝統の土佐手漉き和紙の真髄に触れる「いの町紙の博物館」

やってきたのは、「いの町紙の博物館」。 とびっきりの笑顔で出迎えてくれたのは、館長の浜田美穂さん... 続きを読む

仁淀ブルー満喫♪「茶農家の店あすなろ」&「中津渓谷」で朝からパワーチャージ!

沢渡(さわたり)茶をご存知でしょうか? 高知県は仁淀川(によどがわ)町の沢渡地区で栽培されている... 続きを読む