お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編 高知市エリア編

未来を夢みて歴史を走る土佐の列車旅。時代の夜明けのものがたり

旅の移動そのものを優雅に楽しむ観光列車。

JR四国が運行し、高い人気を誇る「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」に続き、ついに、高知に’’ものがたり’’が生まれます。

まもなく運行を開始する予定の「時代(トキ)の夜明けのものがたり」。



JR土讃線の高知駅〜窪川駅間を走るこの観光列車では、車窓に映る雄大な自然と、土佐流のおもてなしを満喫する贅沢なひと時が過ごせます。



迎えてくれるのは、笑顔の素敵なアテンダントさん。

車内へ一歩入ると…



エレガントな非日常空間が広がっていました。

2号車は未来の宇宙船をイメージした「SORAFUNE」。
白を基調とし、天井には宇宙が描かれています。

1号車は龍馬が見た蒸気船をイメージした「KUROFUNE」。
木目調の、クラシックで落ち着いた空間です。



奥には木製のステアリングホイール(船の舵)も見えます。

両車両ともテーブルの移動が可能で、時には相席でひろめ市場のように、そして時にはゆっくりと外の景色に癒されるようにと作られたそう。

そうしたアイデアや内装デザインは、JR四国の社員さんが担当。
例えば、SORAFUNEのポールはロケットエンジン、KUROFUNEのポールは蒸気船の歯車をイメージした装飾が施されています。



照明部分には高知県の伝統工芸品である土佐和紙があしらわれ、柔らかな光が車内を優しく照らします。

こだわりは小物にも。
黒潮町で作られるデニムを使ったランチョンマットや、安芸市で作られたガラス細工の箸置きなど、全てこの列車のオリジナルです。



この箸置きの形にはある秘密が…
ぜひ、実際に乗ってアテンダントさんに聞いてみてください。

それでは…いざ、時代の夜明けへ!出発!!



JR高知駅を出てすぐに見えてきたのは、高知城。



高知の街を見守り続けるシンボルです。

広々とした車窓から見える景色を堪能できるよう、列車はゆっくりと進んでいきます。



絵巻物のように流れてゆく景色にあわせ、歴史や偉人たちのエピソード、町の文化や見所についての観光案内が入ります。案内人は、地元の高校生や大学生です。





そんな美しい景色とともに味わう食事も、列車旅の醍醐味の1つ。



下りの創作洋食料理は、高知の食材をふんだんに使った土佐の郷土料理’’皿鉢’’風。



上りの和食は、沿線の主要駅から地域の自慢の逸品を集めた、ストーリー性のある料理です。
どちらも季節ごとに内容が変わります。

また、サービスカウンターでは飲み物やデザートを販売。



高知の地酒や地ビール、車両をイメージした色鮮やかなオリジナルノンアルコールカクテルなど種類豊富です。

道中、多くの方が手を振ってくれました。



地元の方のあたたかな歓迎が、旅をより一層感動的なものにしてくれます。

車内でのお楽しみは他にも。
ここでしか買えないオリジナルグッズやお土産の車内販売に…



映像をタッチして遊べるゲームも。



リピート率が高いと言われる観光列車。
「立志の妙」(下り)と「開花の妙」(上り)、季節ごとに変わる風景や食事、そして何より心あたたまるおもてなしに、きっと何度も乗りたくなりますよ。

土佐の’’ものがたり’’が詰まった列車の旅へ、あなたも出かけてみませんか?



■志国土佐時代の夜明けのものがたり
運航日/土・日・祝日を中心に運行
運行区間/高知駅~土佐久礼駅・窪川駅
運賃・料金/高知駅~窪川駅:大人3,970円、こども2,630円(運賃、特急料金、グリーン料金込み)
お食事料金/5,000円(税込み)※要予約
問い合わせ/0570-00-4592(JR四国電話案内センター 8:00~20:00)

※掲載されている情報は2020年4月現在のものです。



周遊モデルコース!

自然&体験ブログ記事一覧
【高知市エリア】

高知といえばよさこい!「高知よさこい情報交流館」の楽しみ方

高知といえば、鰹のタタキに豊かな自然、そして 暑い夏をさらに熱く盛り上げる「よさこい祭り」!... 続きを読む

地元密着型!愛され続ける「桂浜水族館」のヒミツ

一癖も二癖もある水族館として、今や全国に名の知れた桂浜水族館。 「I LOVEえさ」のマスコット... 続きを読む

今年も鷹城が光り輝く!「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」

高知市中心部にそびえたつ、高知城。 グレーの瓦屋根の色合いから、「鷹城(たかじょう)」とも呼ばれ... 続きを読む

文学者と出会える場所「高知県立文学館」

高知城の横にある、石積みの建物。 「高知県立文学館」です。 文学館、と聞いて、皆さんはどんなもの... 続きを読む

2020年春・運行開始!「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の未来予想図

まずはこちらの映像をご覧ください。 <iframe width="100%" height="3... 続きを読む

はりまや橋から 20 分で大海原へ!龍馬ゆかりの地を巡る「浦戸湾のんびりクルーズ」

今回は、お手軽に太平洋を楽しむことができると噂の「浦戸湾のんびりクルーズ」を体験してきました! ... 続きを読む

「龍馬の生まれたまち記念館」で龍馬とつながろう

今回訪れたのは、高知市上町、城西館の裏手に位置する「龍馬の生まれたまち記念館」。 案内してくださ... 続きを読む

「高知県立美術館」は過ごしやすい開かれた場所だった!

県立美術館通り電停から橋を渡ると、重厚感のあるグレーが特徴的な建物が見えてきました! こちらは「... 続きを読む

月に一度のおたのしみ!食の宝庫「高知市卸売市場」の開放デイへ

高知市弘化台にある「高知市卸売市場」。 高知県の食品流通の中心地であるこちらで、毎月第一土曜... 続きを読む

「自由民権記念館」で土佐ならではの歯ごたえある展示に出会う

案内してくれたのは館長の筒井さんと民権・文化財課主査の白川さん。 筒井さん「自由とか権利ってい... 続きを読む

「岡崎牧場ディアランドファーム」で絶品牧場スイーツを堪能!

高知市内に牧場があるのをご存知でしたか? 万々商店街を円行寺方面へ抜け、北へ約5分。緑の看板に導... 続きを読む

人と海が育てるジュエリー! 「日本サンゴセンター 宝石珊瑚資料館 『 35 の杜 』」 で 宝石珊瑚 の秘密に迫る

桂浜や坂本龍馬記念館からほど近い「日本サンゴセンター 宝石珊瑚資料館『 35 の杜 』」。 高知県... 続きを読む

高知城

江戸時代から400年余り、そのままの姿を現代に残す高知城。 本丸の建造物がほぼ完全な状態で残って... 続きを読む

土佐屈指の古刹で自然と、歴史と、人の心に触れよう

高知市・五台山に建つ竹林(ちくりん)寺。 四国八十八ヶ所霊場のひとつであり、約 1300 年の歴... 続きを読む