お気に入りの自然&体験プログラム ※当サイトでご覧の自然&体験プログラムから販売サイトへ移動した場合は、自動的にお気に入り登録されます。

期間
令和2年12月19日(土)~令和3年3月7日(日)
時間
平日11:00~20:00(最終入館19:30)
土日祝(12/29~1/3)10:00~20:00(最終入館19:30)
場所
オーテピア西敷地(高知市追手筋)
【アートアクアリウムとは】
アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムを融合させ、「アートアクアリウム」という唯一無二のアート分野を確立させたアートアクアリウムアーティスト木村英智が、日本から世界に発信している新しいアートの展覧会。
発想と表現に注目が集まることが多いですが、その前にある生態系を存在させ魚を生かす知識と技術が自慢。観賞魚として存在することになった魚たちにとっての一番の晴れ舞台を形にした展覧会です。独自の世界観は国内外で高い評価を得ており、現在までに累計1千万人の来場者数を動員しています。
2020年8月にオープンした東京・日本橋の美術館をはじめ、世界各地で計37回展覧会を開催しており、四国では今回が初開催となります。
【展示作品】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
大奥


「花魁(Oiran)」の流れをくむ巨大金魚鉢シリーズの大作。金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する“大奥”を表現した、幅約3mにわたる複合的な作品です。多くの女性が自らの美を競い合う豪華絢爛な世界を表しています。そして、美と艶を輝かせながらも、どことなく儚げな生き様を、妖艶に泳ぐ金魚と重ね合わせています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
大政奉還金魚大屏風


大政奉還は日本の歴史において様々な影響を与え、芸術の世界も大きな転換期を迎えました。「大政奉還金魚大屏風」では、日本の美術史の移り変わりを表現したプロジェクションマッピングによる動く屏風絵を屏風型のアクアリウムに投射し、その中を金魚が優雅に泳ぎます。映像は、大政奉還の時期とその前後の時代というように、3つの時代のテーマで創り、大政奉還がもたらした日本の芸術への影響が理解できる、幅7.8mにもおよぶ18連ビョウブリウムの大型作品です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
花魁


約1,000匹の金魚が泳ぐ、アートアクアリウムを代表する作品『花魁』。巨大金魚鉢の大きさは、高さ2.4m・最大直径2mにもなり、江戸の遊郭を表現しています。乱舞する金魚は、花魁とそれを目指す女たちを金魚鉢はその中でしか生きることのできない世界を意味しています。金魚鉢が七色に変化するライティングは、江戸花街の艶やかさを演出しています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
土佐錦魚(高知県の天然記念物)


高知市を中心とした狭い地域で飼育されている、土佐独特の金魚です。琉金の体型に、水平の尻尾は開いた扇子に似て、前方が腹部にそって反転しており、金魚の女王と呼ばれるにふさわしい容姿です。 大量生産は大変難しく、愛好家による伝承保存にその命脈を掛けています。
※土佐錦魚も展示予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・


作家・総合プロデューサー
1972年、東京に生まれる。“アート”“デザイン”“エンターテインメント”と、自身がライフワークとして追及している「アクアリウム」を融合させる『アートアクアリウム』という分野を発案・確立したアートアクアリウムアーティスト。
変幻自在な水槽デザイン、ハイレベルな水質調整、知り尽くした生体管理と組み合わされる『アートアクアリウム』という独自の分野を確立させ、アクアリウムを用いて美術館でアートとして有料展覧会を開く唯一の存在となる。展覧会におけるインテリア、ライティング、映像、音楽、空間構成も自らデザイン・監修する。